「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ニコンのF1.0切りレンズ、価格が公表。126万円です想定内です

2019/10/10 14:40 ギズモード・ジャパン

Photo: ギズモード・ジャパン Photo: ギズモード・ジャパン

CP+で触りましたけど、あれはマジック。

ニコン初のフルサイズミラーレス、Nikon Z 6/Z 7と共に公表されたのがこの「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」レンズでした。一般的にカメラは、フランジバックが短いほうが明るいレンズを実現しやすいと言われています。業界最短16mmのフランジバックというZマウントの凄さを見せるために作った記念碑的レンズ。それがNoct(ノクト)です。

191010_nikkor_z_58mm_f0_95_s_noctImage: ニコンイメージング

約一年前の発表からようやく価格が発表されました。希望小売価格は、税込126万5000円。増税前に間に合って入れば124万2000円でした。2019年10月12日 午前10:00より受注開始で、納期は状況により変動するようですね。月間何本つくれるのだろうか。

あ、あとNoctのほかに、今日新たなZマウントミラーレスの「Z 50」も発表されています。これについてはギズモードでもハンズオンを書いているのでどうぞ。

ニコンからAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」が発表! Zマウント採用のミニ「Z」

デザインそのままミニ化ですよ。ニコンからDXフォーマット(APS-C)のミラーレスカメラ「Z 50」が発表されました。発売は11月下旬の予定です。... https://www.gizmodo.jp/2019/10/nikon-apsc-z50.html

Source: ニコンイメージング

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ