「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ガーベラやアンスリウムも “赤い花”に秘められた厄除けの力

2019/9/21 12:00 コクハク

(写真:斑目茂美) (写真:斑目茂美)

【笑う花には福来たる】

魔除け・厄除け効果を期待できる植物は色々ある

(写真:斑目茂美)

 不思議なもので、自分にとって災難だと思うことはなぜか立て続けに降りかかってくるような気が致します。小さな災難だとしても、たった1日24時間のことだというのに「また!? 今度は何?」と思えるようなアクシデント連発の日とか……1日だけならまだしも、この悪夢が一体いつまで続くのよ、だいぶ長いぞ……だなんてご経験ありませんか?

 良いも悪いも長い人生を考えれば死ぬまでにプラスマイナスゼロになるもんだ、という考え方もございましょうが「あたしゃ今まさに不幸の真っ最中!」などと思っている方にしてみると「そんな悠長なこと言ってられんわ!」でしょうね。

 今までの「笑う花には福来る」の中でも魔除けのおまじないに使うお花に関しての解説は何度かさせていただきました。実は、魔除け・厄除け効果を期待できる植物はとても多いのでございます。

 あなたが普段何気なく飾っている花や葉物でも「そうだったの?」と思うものも正直ございます。ですが細かい植物の説明は季節の問題という大人の事情で(笑)、追々にさせていただくことにして、一度は触れておきたい厄除けおまじないがございます。

 ということで、今回は「赤い花」についての解説でございます。

「赤」は太陽の色! 今も残る魔除けの伝統

(写真:斑目茂美)

「赤」は古くより「呪力を持つ色」とされ、様々な祓いに使われていたようでございます。

 赤い物ってなに?と考えると、あなたでもすぐに思いつくものがいくつもあるはず。鳥居や赤飯、初詣で振舞われるお汁粉。還暦の赤いちゃんちゃんこや赤いお座布団、申年にバカ売れ赤パンツ(これ大事)までございます。

 今は見かけませんが赤ちゃんの産着も魔除けのために赤色だったり、戦時中に縫った千人針の糸も弾除けの意味を込めて赤色の糸を使用したともいわれております。これすなわち、すべて厄除け・魔除けの意味を込めた「赤色グッズ」でござんす。ということは、呪力・魔除けの「赤」をこれまた運気を上げるお花に反映させればよいのだ!ということにつながるのでございます。

 赤は五行説でいうところの「火」の象徴。「勝負運」「仕事運」「健康運」を上昇させると申します。確かに、ワタクシもここぞ! というときには赤い物を身に着けて挑みますが、以前ワタクシ、ただでさえやる気に満々な上に全身真っ赤で下着まで全部赤で挑んだ勝負は、度を越して逆に貧血でぶっ倒れるというなかなかの事態に陥ったことがございます。それほど赤というのはとてつもないエネルギーを持っているということ。

 何事もほどほどに……めっぽう強いパワーを放つ赤は「量」なるものを加減しなければ逆効果で、さまざまなものを焼き尽くしてしまうのかもしれませんな。

不潔なトイレは家中の運気ダウン!

(写真:斑目茂美)

 もしも、あなたが健康にちょっぴり不安があるのなら、ぜひおトイレに顔の大きい赤いお花を飾ってみてくださいませ。例えば赤いガーベラや赤い百合、赤いアンスリウムなんてよいかもしれません。一輪でも十分。飾ることが肝要でございます。

 おトイレは健康をつかさどる場所でもあり、気の出口。常にお水が溜まっているため陰の気が停滞しやすいこの場所に、赤色が持つ陽の気を入れることで、あなただけではなく、ご家族にも及ぶ不安な健康運をお水と一緒に流しちゃってくださいませ。

 また、おトイレというのは健康運の他に恋愛運や金運、対人運もつかさどっているようでございます。いわゆる全体運と呼ばれるものでございます。おトイレが汚かったり、臭かったりすると、家族全体の運気にも影響してしまうようでございますので、お気をつけてくださいませ。

 お花や生きた植物はそれだけでもパワーがあるというもの。魔除けと強運をもたらす赤い花を、常にお掃除されたピカピカのおトイレに飾って、さらなるお花のパワーのご利益を手にしてくださいませ。

赤のご利益を自分に取り込む

色を味方に!(写真:iStock)

 魔除けと言えば……以前、友人から「どうやら私には悪霊が憑いているらしい」と思わず二度聞きしてしまうような相談を受けたことがございます。

 どうやら彼女の会社の同僚数名に「アナタに憑いているヨロシクない悪霊がサイキックアタックを仕掛けてくるので、苦しくてアナタとはもう一緒にランチができない」と言われたらしく「私どうしたらいい?」と聞かれたこと。

「新手のいじめか?(笑)」と笑いながら「そいつらに粗塩を全力投球でぶん投げろ!」といったものの、彼女の求めた答えではなかったようで、結局お祓いに行くという結末でございました。もちろん悪霊なんぞ憑いてはおりませんでしたけど。

 今のワタクシならば間違いなくこう答えます。

「あなたの同僚こそが悪霊そのものだから、憑りつかれないように魔除けに赤い服着て元気ハツラツ張り切って会社に行きたまえ」

 赤い花のご利益を身体に取り込んで、毎日元気なあなたでいられますように……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~

(斑目茂美/開運花師)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ