「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

信州の自然に癒されよう!戸隠山散策と名物の蕎麦

2019/9/21 12:00 IGNITE

IGNITE(イグナイト) IGNITE(イグナイト)

これから先、山はだんだんと紅く染まっていき、美しい景色が見られることだろう。

しかし、緑でいっぱいの山も素晴らしい。戸隠神社とともに、その自然を堪能してきた。

戸隠神社はまさに山の中の神社。点在する5つの社殿を巡り歩きながら、山の恵みと自然が堪能できる。険しい山を登るわけではないので軽装でも十分歩けるコースになっているが、虫除けなどには注意したい。

その戸隠神社の最奥にあるのが、「奥社」と「九頭龍社」。その麓に広がっているのが「戸隠森林植物園」であり、この地域のさまざまな植物が間近に見られるスポットだ。

IGNITE(イグナイト)

大鳥居の横を川が流れており、それに沿って歩いていくとやがて木道が現れる。

足元が湿地帯になっており、春先には水芭蕉が咲くと言う。大きなモミの木や白樺が葉を広げ、またシラネセンキュウやレンゲショウマなどが咲いていた。

IGNITE(イグナイト)

整備されていながら自然の森の美しさが堪能でき、野鳥の声があちこちから聞こえてくる。池にはカモの親子が泳いでいた。

戸隠神社の奥社に行く際は、この道を通って癒されて欲しい。心地よくて、空気もいい。修験道ではないが、大自然の恵みを全身で感じることができるオススメの場所だ。

IGNITE(イグナイト)

さて、この先に美しい池があるということで訪ねてみる。

名前は「鏡池」。鏡のように、周りの景色を映しこむ事から名前がついたのだろう。多くの観光客が訪れており、水面を渡る涼しい風にホッと一息ついている様子だった。

自然の池に手を加えたのか、それとも人工の建造物に水が溜まったのか。穏やかな水面には向こうの山の姿が映し出され、周囲の緑が額縁のよう。のんびりと座って眺めていたい、そんな気持ちになる場所だ。

IGNITE(イグナイト)

最後に紹介したいのが、戸隠といえば名物の「戸隠蕎麦」!蕎麦の代表格だ。

戸隠神社周辺には、驚くほど多くの蕎麦屋がある。それぞれのこだわりがあり、味が違うので地元の人でも好みが分かれるところ。

IGNITE(イグナイト)

我々は他ではあまり見かけない、豪快な盛られた特大の盛りそばを注文。巨大なざるからみんなで取って食べ、その美味しさを分け合った。

若干平たい形状で、程よい香りが蕎麦らしい。蕎麦好きにはクセになる喉越しだった。

IGNITE(イグナイト)

自然に包まれながら、神社に詣でる。それが、山を信仰してきた日本人らしい、信州・戸隠の旅となった。

(田原昌)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ