「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

シンク汚れの掃除方法をご紹介。キッチンはいつもピカピカに!

2019/9/20 18:50 オリーブオイルをひとまわし

シンク汚れの掃除方法をご紹介。キッチンはいつもピカピカに! シンク汚れの掃除方法をご紹介。キッチンはいつもピカピカに!

キッチンのシンクがいつもキレイだと、清潔に調理をすることができ、気分がよいものだ。しかし毎日使うシンクはこまめに掃除をしていても、いつのまにか汚れがたまっていく。シンクの汚れの原因と掃除方法を知り、いつもピカピカのキッチンにしよう!

1.シンクの白い汚れの正体は水垢

シンクを毎日掃除しているのに、いつのまにか白い汚れがついているということはないだろうか。この白い汚れの正体は水垢だ。水垢は食器用の中性洗剤でゴシゴシ擦っても、キレイに落とすことは出来ない。それは水垢の成分に原因がある。水垢汚れの原因と、キレイに落とす掃除方法はどのようなものがあるのだろうか?

水垢の正体とは?

白い水垢汚れの原因を説明していこう。水道水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が含まれている。このミネラル成分がシンクに残って固まったものが、白いウロコのような水垢汚れとなるのだ。水垢は放置すると、どんどん層になり頑固な汚れとなっていく。

水垢が落ちない理由と掃除方法

出来たばかりの水垢はスポンジなどで簡単に落とすことができる。しかし、時間が経過し、固まった頑固な水垢は、食器用洗剤ではなかなかキレイに落とすことができない。

それは水垢がアルカリ性の性質を持つことが原因だ。アルカリ性は中性に反応せず、酸性と中和するという特徴がある。この性質を利用して、酸性のクエン酸を使って掃除をするのが効果的だ。酸性のクエン酸を使えばアルカリ性の水垢と中和がおこり、簡単に白い汚れを落とすことができる。

水垢の予防法はある?

シンクの白い水垢汚れを予防する方法は、毎日ちょっとしたひと手間をプラスするだけで可能である。1日に1回台所用洗剤でシンクの汚れを掃除し、水滴が残らないようにタオルや布巾で拭き取るようにしよう。汚れと水滴を除去しておくだけで、水垢が出来るのを予防することが出来る。

2.シンクの茶色い汚れの正体はサビとカビ

水垢と同じようにシンクの汚れで目立つのは、茶色いシミだ。この茶色い汚れの正体はサビとカビである。ではなぜシンクにサビやカビが出来てしまうのか、原因を考えていこう。

もらいサビやカビ

シンクに空き缶やヘアピンを放置して、その部分だけサビた経験がないだろうか?このように金属製品からシンクへ移るサビの事をもらいサビという。

茶色い汚れのもう一つの正体はキッチンシンクに繁殖したカビだ。毎日調理するシンクには、油汚れや食べカスなどカビが好む条件が揃っている。特に排水溝周りなどは油汚れや食べカスをキレイに掃除しないままにしていると、カビが繁殖し、茶色い汚れの原因となるのだ。

茶色い汚れの掃除方法

シンクに茶色い汚れが出来てしまった場合は、ハイターなどの漂白剤を使うとキレイに取り除くことが出来る。しかし塩素系漂白剤はステンレスとの相性が悪くサビの原因になりかねないため、酸素系を選ぶか塩素系を使用する際は短時間で済ませるようにしよう。

ハイターは茶色い汚れに効果的なのだが、使用頻度が多いとシンクを覆っている酸化被膜を破壊してしまう恐れがある。酸化被膜が剥がれてしまうと、サビやカビが付着しやすくなるため注意が必要だ。

そこで活躍するのが重曹だ。重曹を水と混ぜ合わせてペースト状にし、クレンザーのようにして擦ると研磨作用が働き、シンクの茶色い汚れをキレイに落とすことが出来る。重曹は天然素材で粒子が細かいため、成分が強い洗剤のようにシンクを傷つける心配がないのが安心だ。

茶色い汚れの予防法はある?

シンクに茶色い汚れがつかないようにするには、シンクの上に物を放置しないようにすることである。調理器具などを放置すると、せっかくキレイに掃除したシンクも、もらいサビが発生する原因となる。1日の終わりにシンクを掃除し、水気をキレイに拭いておくことでカビを予防することもできる。

3.シンクの汚れには重曹とクエン酸が便利!

掃除をする上で、重曹やクエン酸という言葉を聞いたことがあるだろうか?言葉は知っているけど、使い方がわからないという人も多いだろう。重曹とクエン酸はキッチンシンクの汚れを掃除する際に、とても活躍してくれる天然素材だ。では、重曹とクエン酸とは何か、効果的にシンクの汚れを落とす方法を紹介しよう。

重曹って何?

重曹の原料とは炭酸水素ナトリウムだ。化学名を聞くと身体に悪そうなイメージがわくかもしれないが、重曹はベーキングパウダーの主成分で、古くから胃薬としても使用されている天然成分だ。

重曹は粒子が細かく研磨作用がある。そのためペースト状にして使うと、クレンザーのような役割を果たしてくれる。また、重曹はアルカリ性の性質を持つため、皮脂や油汚れといった酸性の汚れを落とすのに効果的だ。

クエン酸って何?

クエン酸とは、レモンや梅干しなどに含まれる「酸っぱい」成分の事だ。クエン酸は酸性の性質を持つため、水垢や石鹸カスのようなアルカリ性の汚れに効果的だ。またクエン酸を使用して掃除した場所は酸の成分がそのまま残るため、雑菌の繁殖を防いだり水垢などのアルカリ性の汚れを予防してくれたりする効果もある。

重曹とクエン酸を使った掃除方法とは?

重曹は粉のまま、ペースト状、水に溶かす、など汚れの状態によって使い分けることができる。クエン酸は水に溶けやすいため、水に溶かしてスプレー等で使用すると良いだろう。重曹でシンクを磨いた後に、クエン酸スプレーで仕上げをするのにもおすすめだ。

また、重曹とクエン酸は混ぜ合わせて水をかけると勢いよく発泡する。この泡は二酸化炭素で、アルカリ性と酸性が中和したことによって発生するものだ。そして、ヌメリ汚れなどにとても効果的だ。一見危険なもののように見えるが、炭酸飲料が発泡するのと同じ原理で無害なので安心して使用できる。

結論

シンクの汚れの原因と掃除方法を紹介したが、いかがだっただろうか。重曹とクエン酸は天然成分のため、ペットや子どもがいる家庭でも安心して使うことができる。毎日食材を扱うキッチンシンクの掃除でも、活躍できること間違いなしだ。こまめな掃除を心掛けて、いつもピカピカなシンクをぜひ保ってほしい。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ