「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

開店時間に売り切れも!? 横浜中華街で“プチ台湾旅行”を疑似体験

2019/9/20 20:50 シティリビングWeb

開店時間に売り切れも!? 横浜中華街で“プチ台湾旅行”を疑似体験 開店時間に売り切れも!? 横浜中華街で“プチ台湾旅行”を疑似体験

タピオカの店だけでなく、今、横浜中華街は、まさに台湾ブーム!? 「台湾炒飯」や「台湾から揚げ」など、台湾で楽しめるグルメの店が続々とオープンしています。今回は、“プチ台湾旅行”気分が満喫できるスポットを紹介します。

city.living.jp

●台湾で人気ナンバー1に選ばれた、炒飯専門店


city.living.jp

9月にグランドオープンしたばかりの「民生炒飯専門店」は、「台湾で一番おいしい」と言われる、知る人ぞ知る名店。市場通りを元町方面に向かったところにあります。 人気の空心菜と牛肉入りの「牛肉炒飯」や、豚肉の細切り入りの「肉絲炒飯」など7種類がラインアップ。オーダーごとに中華鍋を振るう姿が印象的です。

city.living.jp
プリプリのエビと塩こしょうのバランスが◎!

今回食べたのは「蝦炒飯」950円(スープ付き)。塩こしょうで味付けされた炒飯には、プリプリのエビがたっぷり。ご飯は硬めでパラパラ。それでいて弾力のある食感が心地いいです。

city.living.jp
食べ終わった後のサプライズ!?

食べ終わった皿には、オーナーのイラストがお目見え。 ガツガツとスプーンが進む炒飯で、食べ終わるとおなかいっぱいになりますが、オススメのスープ「酸辣湯(サンラータン)」も試してみたい一品です。

●顔よりも大きいサイズ!? ジューシーな肉汁あふれる唐揚げ


city.living.jp

南門シルクロード沿いに今年の春オープンしたのは、「 台湾唐揚 横濱炸鷄排(ヨコハマザージーパイ)」。鶏ムネ肉をたたいて唐揚げにした台湾唐揚げは、「顔よりも大きいかも?」と思うくらいのサイズにびっくりするはず!

city.living.jp
びっくりするほどの大きさ

「炸鷄排」500円は、注文するとその場で揚げてくれます。アツアツの台湾唐揚げは、衣はサクッとして香ばしく、鶏肉は肉汁があふれるほどのジューシーさ。その大きさに最初は驚きますが、思いのほかあっさりとしていて、あっという間に食べきってしまいました。

●手に入れられればラッキー! 幻のちまき


city.living.jp

上海路沿いの小さな路地。ひっそりとした私道に行列を見つけたら、そこが「ちまき屋」。ネット販売は1カ月半待ち、ここ横浜中華街で購入しようと思っても、オープン直後に売り切れてしまうという、まさに“幻”のちまきなのです。

city.living.jp
オープン直後にこの看板になることが多いかも

私道に並ぶので、道をふさいだり、大きな声でしゃべったりするのは厳禁。そうして手に入れた「ちまき」は、握り拳よりも大きいくらい。ボリュームたっぷりの一品です。

city.living.jp
さわやかな笹の香りが漂います

何度かトライして、やっと手に入れた「温かいちまき」600円。その場で食べられる「温かいちまき」は、30分以内に食べてほしいとスタッフからの指示。近くの公園でいただきます。

city.living.jp
ツヤツヤのもち米も魅力

皮をはがすと、華やかな笹の香りが漂い、気分も高まります。パクリと食べれば、ゴロリと豚バラ肉。食べ進めていくと、ゆでピーナッツ、干しエビなどが出てきて楽しい。モチモチとした食感のもち米もいい具合で、あっという間に完食です。

city.living.jp
豚バラ肉やピーナッツ、何が出てくるかも楽しみ

私道ということもあり、オープンの何時間も前から並ぶのはご法度。それなのに、開店時間には売り切れてしまう、この「ちまき」。「手に入れられればラッキー」くらいの気持ちでトライするのがいいかも。とにもかくにも絶品です。
店の前にちょうちんが飾られたり、台湾の本店と変わらない看板を掲げていたり、小さな路地に並んだり…。日本にいながら台湾の市場で食べ歩きをしているような感覚を味わいたかったら、ぜひ、この3店にチャレンジしてみてください。

 
※価格は特記以外税込み。消費増税により、2019年10月1日以降、紹介した税込みの金額が変わることがあります。詳細は各企業等に確認してください

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ