「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

美容のプロが伝授!「夏老け顔」はこのひと手間で即解決

2019/9/17 07:00 コクハク

ベースメイクの前に肌を冷やしておく(写真:iStock) ベースメイクの前に肌を冷やしておく(写真:iStock)

 猛暑や気温差、夏のレジャー等でお疲れ気味の私たちの肌。こんな時こそ手間をかけず、賢くキレイを作りましょう。
 今回はCA歴4年、クラブママ歴10年、コスメコンシェルジュの資格を持つ官能作家の筆者が、お手軽な「脱・夏老け顔」5つをご提案します。

1. ベースメイク前の肌は冷やす

ベースメイクの前に肌を冷やしておく(写真:iStock)

 メイクの美しさの8割がベースで決まると言われています。毛穴の開き・汗や皮脂によるファンデのヨレを防止するためにも、肌は潤すとともに「冷やす」が必須。

 毛穴がキュッと引き締まり、ファンデのノリや持ちが格段に違うのです。

 洗顔の仕上げを冷水にする、冷蔵庫で冷やしたシートパックを使うなど、ぜひ工夫してみて下さい。

 手で化粧水をつける際は、肌の奥まで浸透するよう「ハンドプッシュ」も忘れずに。

2. パーツをいつもより目立たせる

けばけばしくならない程度の“ハッキリ”メイクを(写真:iStock)

 夏のお疲れ顔の「目くらまし効果」といえば、パーツをハッキリ書くこと。

 中でも「アイライン・眉毛・リップ・まつ毛」この4つをハッキリさせるだけで、ハツラツとした印象になり、小顔効果も狙えます。

 けばけばしいのは御法度ですが、ラインや色づかいで夏老け顔を最小限に抑えることは可能なのです。

3. 顏周りに「光る・揺れる」モノを

アクセサリーで顔周りを華やかに(写真:iStock)

 何となく顔が疲れているなと思ったら、顔の周囲に「光る・揺れる」モノを持ってきましょう。例えば、ゴールドやシルバー、パール、綺麗な色石のアクセサリー(揺れるピアス・イアリング・ネックレス)。

 私がクラブママをしていた時は、新人ホステスたちに「本物でなくてもいいので、必ずアクセサリーをつけること」を義務付けていました。

 顏周りが華やかになるアクセサリーの効果は絶大ですよ。

4. 悩み別のコンシーラーを覚えておく

コンシーラーは「悩みと反対色」を選んで(写真:iStock)

 コンシーラーは、悩みに応じて色を選びましょう。

 基本は「悩みと反対色」を選ぶと、うまくカバーできます。

・青クマ→オレンジ系、アプリコット系

・紫色のクマ→イエロー系

・茶色のクマ→イエロー系かベージュ系

・赤ら顔・赤みの強いニキビ跡→薄いグリーン系のコントロールカラー

・赤みが弱いニキビ跡→ベージュ系かイエロー系(自分の肌と同色か、やや明るめ)

・シミ、そばかす→自分の肌よりやや暗めの肌色

4. 唇はツヤを味方に!

キスしたくなるような唇を(写真:iStock)

 かさついた唇は、一目で老けた印象を与えてしまいます。

 こんな時の心強い味方はリップグロス。唇の縦ジワを消し「ツヤを与える」ひと手間が、若さと美しさを生み出すのです。

 海外の実験で「男性は女性と話す際、口もとをよく見ている」「赤やピンクの唇ほど、長く視線を奪われる」との結果があります。唇は、女性らしさをアピールできるパーツのひとつです。

 思わずキスしたくなるようなツヤ唇を作りましょう。

まとめ

 いかがでした? ベースメイク前は潤いと同時に「冷やす」。目、唇などのパーツを目立たせる。顏周りに「光る、揺れる」を持ってくる。悩み別のコンシーラーでカバーする。唇はツヤを与える。

 筆者オススメの「脱・夏老け顔」アイディア、ぜひお試しください。

(蒼井凜花/官能作家・コラムニスト)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ