「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

そのうちバチが…呆れるほど自分本位な鬼嫁たちの怠惰な生活

2019/9/17 07:00 コクハク

都合が悪いことがあると…(写真:iStock) 都合が悪いことがあると…(写真:iStock)

 結婚生活には「我慢」や「忍耐」がセットですが、鬼嫁の辞書にそんな言葉はないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、呆れるほど自分本位な、鬼嫁たちの怠惰な生活を3選ご紹介します。

【嗚呼…令和の悪妻ってこんな人】

1:都合が悪くなるとひたすら寝る

都合が悪いことがあると…(写真:iStock)

「ウチの奥さんみたいなのをまさに“鬼嫁”って言うと思うんです。気に入らないことがあると怒鳴り散らし、なんでも自分の思い通りにしたがるし家事も手抜き。でも俺が一番許せないのは、面倒なことがあるとひたすら寝て、逃げの姿勢に入ること。例えば、俺の親が上京してくると『カラダの調子が悪い』と言って、滞在中は寝室から出てきません。

 “寝る作戦”は奥さんの常套手段で、家事が溜まっているときや料理が面倒なときも俺が帰ると『疲れた』と言っては、寝てる。それで、俺が仕方なしに家事をすませるとノソノソと起きてきて、テレビ見たりゲームしたり…。これで40代ですよ。若い頃から変わりません。いつか離婚しようと思っています」(44歳男性/IT)

「体調が悪い」と言われれば、それ以上は言えなくなるのも夫の心理。しかし単なる口実であることが見え隠れすると、心中は穏やかではなくなります。

2:子育ての面倒ごとは「あんたが子供を欲しがった」

シングルファーザー状態はきつすぎる(写真:iStock)

「妻は子供に関する面倒なことが起きると、全部僕に押し付けてきます。友達とのトラブルや学校の呼び出しなんかがあると『あなたが行って』が、妻のお決まりパターン。妻は専業主婦でこっちは仕事もあるのに、子供関係のことは一切自分ではやらないですね。僕が仕事でどうしても行けないときには『私は子供を欲しくなかった。あんたが欲しがったんだから、責任を持て』と言われました。この妻には母性とかないんですかね? 呆れますよ…」(36歳男性/サービス)

 子育ては夫婦で協力するのが一般的ですが、雑な言い方をすると“産みっぱなし”で夫に責任を押し付ける鬼嫁も。事実上、シングルファーザーのような子育て環境になれば、夫の負担は相当なものです。

3:ひとりで晩酌して酔いつぶれる

これ以上は絶えられない!(写真:iStock)

「3歳年上の妻は、とにかく酒好きで、家でも毎晩晩酌しないと気が済まないみたいです。結婚前にはそんな様子を見せなかったのに、入籍してからというもの、僕の体調が悪かろうが、家事が溜まっていようが、とにかくお酒を飲む。しかも『ひとりで飲むお酒はマズイ』と言って、下戸な僕にまで、無理やりお酒を飲ませようとするときもあります。

 まぁ、基本的には勝手に飲んで勝手に酔いつぶれているんですけど、これが毎晩ですからね…。横で僕が、洗濯物をたたんだり掃除機をかけたりしていても、知らん顔。真っ赤な顔をしながら手酌でニヤニヤとお酒を飲む姿は、とてもじゃないけどかわいいとは思えません…」(39歳男性/SE)

 お酒が好きな女性も珍しくはないけれど、毎晩、家のことをほったらかしで飲むとなれば、夫の心中は複雑。せめて飲む前に家事くらいはしてくれれば、まだ夫の気持ちも晴れそうですが…。

  ◇  ◇  ◇

 日々の生活を「やりたい放題」な鬼嫁たちは、さぞかし快適な環境で暮らしていることでしょう。しかしこんな鬼嫁には、そう遠くないタイミングでバチが当たるかもしれませんよね…。

(並木まき/ライター・エディター)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ