「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

フードスタイリスト直伝!フライパンで簡単に作るアレンジごはんレシピ2つ

2019/9/16 01:42 anna(アンナ)

anna(アンナ) anna(アンナ)

しっかり栄養が取れて、食卓のメインとなる“アレンジごはん”。アレンジや味つけのレパートリーが増やせたら嬉しいですよね!

今回ご紹介するフードスタイリストの川崎利栄さん直伝のレシピなら、フライパンで楽々にごはん料理ができちゃいます。

 

■下準備としてお米を浸しておく

お米を使った料理というと、炊飯器や蒸し器が必要なイメージがありますよね。ですが、川崎さんのレシピならフライパンで仕上げることができますよ!

画像:川崎利栄

まずはお米を研いで、2~30分水に浸しましょう。この工程を入れることで、芯の無いふかふかしたお米が楽しめるんです。

 

■カット野菜で使えば中華おこわを時短で!

画像:川崎利栄

さてはじめにご紹介するのは中華おこわ。水に浸しておいたお米を使えば、フライパンを使ってももちもちしたおこわが味わえます。

<材料>
もち米・・・250g
米・・・100g
水・・・100ml
鶏もも肉・・・300g
干しシイタケの戻し汁・・・250ml
鶏ガラスープ・・・小さじ2
酒・・・大さじ1
カット野菜

画像:川崎利栄

お米と具材、鶏ガラスープやシイタケの戻し汁などのだしを入れて、蓋をして炊きあげるだけ。

画像:川崎利栄

中華おこわの具となる野菜は、スーパーなどで売っているカット野菜をそのまま使うのもOKです。便利なアイテムを利用することで時短しちゃいましょう! この時、天津甘栗を少し入れてあげると、より本格派な仕上がりになりますよ。

 

■手軽に鯛めしを作って豪華な一品を

画像:川崎利栄

ちょっと豪華な献立にしたいときに嬉しい鯛めしも、フライパンで作ることができます。

<材料>

鯛・・・3切れ
米・・・400g
だし・・・420ml
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1.5~2
みりん・・・大さじ2

画像:川崎利栄

まずは鯛に塩をふりかけ、焼き目ができる程度に焼きます。この下準備が、鯛の香ばしさや味わいを引き出してくれます。

画像:川崎利栄

次に、だしやみりんなどの材料とお米を入れ、蓋をして蒸らします。ご飯が炊けたタイミングで先ほど準備した鯛を入れると、ふっくらとした仕上がりになりますよ。

 

 

いかがでしょうか。難易度が高そうな鯛めしやおこわも、川崎さんのレシピなら簡単にできあがります。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

読売テレビによる、テレビとWEBサイトの連動番組『anna』では、関西の女性が行きたい・知りたいと感じることを、インスタグラムでも人気のannaアンバサダーたちが、体験を交えてトーク形式でお届けしています。次回の放送は2019年9月18日(水)25時29分~。お楽しみに!(文/anna編集部)

【画像】
※川崎利栄/anna

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ