「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

制服姿の玉城ティナの変態的な要求に伊藤健太郎が翻弄される!映画『惡の華』

2019/9/16 16:30 動画ニュース「フィールドキャスター」

累計発行部数 300 万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が 9 月 27 日(金)より全国公開します。
鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男 を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。
春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。
春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代 モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。
そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに 2009 年から 5 年間に渡って連載され、「このマンガがすご い!2011」にランクイン、「マンガ大賞 2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016 年に舞台化を果たしました。
そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監 督。
瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里の脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべての少年少女に捧げる映画が誕生しました。
この度映画評論家として人気の町山智浩さんをスペシャルゲストに迎え、原作者の押見修造先生、井口昇監督の豪華鼎談を開 催!町山さんは2013年「まんが秘宝 男のための青春マンガクロニクル」の中で「惡の華」論を寄稿。
その際Twitterから上がった「実写化するとしたら監督は誰が良いでしょう?」という質問に「井口昇監督はどうでしょう?」と答えています。
まさに予言者!また、漫画執筆中の押見先生とも交流のあった町山さん。今回は、知られざる『惡の華』誕生の裏側を御三方に深く、アツく語っています。

©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ