「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

モテる女は自己肯定感が高い 卑屈さを捨て自信をつける方法

2019/9/15 07:06 コクハク

人はポジティブオーラに惹かれる(写真:iStock) 人はポジティブオーラに惹かれる(写真:iStock)

人はポジティブオーラに惹かれる(写真:iStock)

「同僚のあの子はいつもキラキラしてて周りに人が絶えない。わたしは顔も可愛くないし頭も悪いし、仕事もできない。比べられてるのかな……」

「どうしても自分に自信を持てない。ネガティブすぎたらモテないってわかってるけど、どうしたら自信ってつくの?」

 すこやかに生きていく上で欠かせないものーー自己肯定感。男女問わず人気がある人の共通点は、「見た目が良い」「仕事ができる」ではなく、「自己肯定感が安定している」ことではないでしょうか。

 どうしたら自分に自信を持てるのか、その方法を考えてみましょう。

なぜ自己肯定感が高い人はモテるのか

気持ちが明るくなる人と一緒にいたい(写真:iStock)

 あげまん、さげまんという言葉があるように、一緒にいるだけで運気が上がる人、下がる人がいます。

 あなたの周りにもいませんか? 「あの子と話していると笑っていることが多くて、話したあと楽しい気持ちになる」「あの人の近くにいると、自分まで気持ちが沈んで暗くなる」――そんな人たち。

 もちろん、恋人にするなら絶対に前者ですよね。その人の隣にいたら自分まで気持ちが明るくなる、モチベーションが湧く、自分に自信が持てる。自己肯定感が高い人のそばにいると、そんな効果があります。

 逆に、卑屈な人とばかり一緒にいると、考え方がネガティブな方向に引っ張られたり、自分まで「こんなので良いのかな」と自信が損なわれたり、気持ちが下がっていきます。

 自分に自信がある、というと一見ナルシストのようで悪いイメージがあるかもしれませんが、「わたしなんか」「どうせわたしは」とあまりに謙遜しすぎると、それはそれで周囲から距離を置かれてしまいます。それは「卑屈なあなたと一緒にいると自分まで暗くなるから」なんです。

「自信」は人を輝かせる

「わたしなんてどうせ」って言わない(写真:iStock)

「謙遜しているくらいの方が正直、女の子はモテるでしょ?」

 それもまた事実です。ですが、謙遜している自信のない女の子が好きな男性って、得てして自分にも自信がないから、自分より「下」の女の子を探しているだけ。

 恋人にするなら、ナルシズムが入っているくらい自分に自信があって、バリバリ何でもこなしている男性の方がかっこいいですよね。「俺なんかしょうもないからさ」「俺ってブサイクだし」なんて言っている人は、見た目うんぬんにかかわらず絶対にかっこよくない。

 見た目に恵まれていなくても芸人さんがモテるのは、「面白いから」というのももちろん、自分への「自信」がその人を輝かせているからなのではないでしょうか。

自己肯定感を引き上げる方法

夢中になれることがあると自信になる(写真:iStock)

 さあ、どうしたら自己肯定感を引き上げられるのか?

セルフプロデュースを研究する

 あなたのいまのセルフプロデュースは、果たしてベストな状態ですか?

「セルフプロデュースってなんぞ!」と思うなら、周りからどんな女性だと思われたいかを具体的に考えると分かりやすいでしょう。可愛い、明るい、元気、しゃべりやすい、親しみやすい、なのか。綺麗、大人っぽい、仕事ができる、女性らしい、なのか。そして、現状の自分はどれくらいそれを達成できているのか、今一度考えてみて下さい。

 もちろん時間はかかりますが、まずは自分を手塩にかけて可愛がることから始めましょう。似合う色は? そもそもパーソナルカラーは? いまの前髪は、顔の形やなりたい雰囲気に適している? 話し方の印象は?ーー自分という商品を売り出すのは、自分です。

何か熱中して頑張れることを探す

 趣味はありますか? 時間を忘れるほど夢中になって頑張っていることはありますか? 「休日は寝ているだけ」な~んて、もったいないことをしてはいませんよね。

 ダンス、料理、おしゃれ、資格勉強、あるいは仕事。夢中になって好きなことに取り組んでいる姿って、男女問わず魅力的です。たとえ仕事で嫌なことがあっても「これが終わったら大好きなあれを目一杯やるぞ!」と思えば、モチベーションも上がります。

 やらなければならいことを漫然と取り組んでいるだけよりも、生活の中で好きなことを取り組む時間を持っている人の方が、メリハリがあってかっこいいですよね。「この分野だったら誰にも負けない!」その自信こそが、あなたを輝かせるんです。

 それに、自分が好きなことを取り組んでいる時って、絶対にネガテイブなことなんて考えないで、ワクワクしながら熱中しますよね。自己肯定感をアップしたいなら、何に対してなら楽しく頑張れるのかを見つけることは必須項目でしょう。

生産性のあることに取り組む

「わたしって全然可愛くないし、なんとなく大人になっていくだけだ。結婚したり子供を持ったり、みんなみたいにこなせる自信がない!」

 夜中にマイナスなことばかり考えて勝手にメンヘラになってめそめそするのは、もうやめましょう。自己肯定感を上げる行動は、ズバリ「生産性のあること」。たとえば料理、絵、文章、筋肉、あるいはお金を稼ぐことも入ります。

 何かを作る、ということにはエネルギーが要りますが、「何かを生み出した」ということの積み重ねは自己肯定感へとつながります。となると、「ダラダラNetflixで動画を観る」「ぬくぬく昼寝をする」はそのときは楽しくても、時間が過ぎた後に「わたし何やってたんだろう」と落ち込むことになりますよね。休日に予定がないとき、ぜひ生産的なことに取り組んでみて下さい。意外な趣味や特技の発見につながるかもしれませんよ。

自分磨きに投資する

 かわいくなりたい、綺麗になりたい。程度に差はあれど、どんな女性にもその欲求は物心ついたときからありますよね。街や職場、教室で「あの子、綺麗だな」「美人だな」と思っては、「それに比べてわたしって……」と落ち込んでしまった経験がある人も多いはず。

 それなら、思いっきり自分磨きに投資するのはどうでしょうか。ガチャガチャした歯並びがコンプレックスでうまく笑えなかったから、歯列矯正に取り組む。ノースリーブを着るときに二の腕がモチモチとたくましいのが嫌だから、ジムの契約をする。自分の指がチャームポイントだから、ネイルに定期的に通って、綺麗な爪に仕上げる。

 もちろん自分磨きにはお金もかかります。しかし、どんどん見た目が変わるとそのぶん自信がつきますし、自分のことを好きになって鏡を見るたびに笑顔が増えますよね。せっかく社会人になって働いているんだから、自分を猫可愛がりすると思ってお金をかけて上げて下さい。必ず結果がついてきます。

まとめ

自分の一番のファンは自分!(写真:iStock)

 自信はその人を内側から輝かせるアクセサリー。テレビや雑誌で活躍しているモデルや女優さんが輝いているのは、その人の内側に自信があるから。

「わたしなんかどうせ」「自信なんて今さら持てるわけないでしょ」

 そんなことはありません。自分と向き合って、自分を好きになる努力をすれば、おのずと自分を肯定する力も高まります。自分の一番のファンは、自分。そんなふうになりましょう。

(七海/ライター)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント13

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ