「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「バチェラー3」で注目したい 女性たちが駆使する凄い恋テク

2019/9/12 12:00 コクハク

バチェラーから選ばれるのはどんな女性?(写真:iStock) バチェラーから選ばれるのはどんな女性?(写真:iStock)

 amazonプライムの名物番組「バチェラー・ジャパン」は、いよいよシーズン3が9月13日よりスタートです。セレブ男性1人を20人の女性たちで奪い合うという凄まじい婚活番組です。愛されるたったひとりの運命の女性になるためにハイテクニックを駆使する女性が続出! スーパー恋テクが出現しやすいチェックポイントをご紹介します。

【内藤みかのあたらしいのがお好き】

自分だけを見てもらうために

バチェラーから選ばれるのはどんな女性?(写真:iStock)

「バチェラー」の最初の難関は20人もいる女性たちの中で自分を主張しなくてはならないところ。ここでアピールしないと初回のパーティーで早々に脱落してしまう危険があるのです。

 こんな状況の中、バチェラーの一瞬のスキをついて「2人だけでお話しできませんか?」と切り出せる女性は、勝ち残りたい強い意志があるはずなので、要チェック。女性たちが忍者のようにササッと動くさまも必見です。

 また、グイグイいけない女性の場合、必殺ワザである涙を早い段階から駆使することもあります。泣いたりすると他の女性からは白い目で見られがちですが、バチェラーには明らかに印象に残るはず。しかも泣いている女の子を落とすのは気がひけるし、残留させてくれるかもしれません。ズルいと言われようとも泣いたもん勝ちの世界なのかもしれません。

ツーショットでの切り札とは

2人きりの時間でどれだけ距離を詰められるか(写真:iStock)

 回が進むにつれ、バチェラーと2人きりでお話をしたり、時には2人でデートに出かけたりなどという機会が増えてきます。他の女性たちと差をつけるためには、2人きりの時間でいかにバチェラーとの心理的肉体的距離を縮めるかにかかっているとも言えるでしょう。この時の駆け引きも見どころたっぷりのはずです。

 バチェラーの好感度が下がりやすいパターンは「私のことどう思ってる?」などと、気持ちを探るような行動をしてきたり「またツーショットに誘ってね」などとおねだりする行為。バチェラーの気持ちはわかるような気がします。自然な形で恋愛関係になりたいので、女性にせかされたくないんでしょうね。

 過去観ていてバチェラーに好印象を与えやすいのは、ただひたすらに純粋にデートを楽しんでいる女性。テクを駆使するよりも、一周回って素の笑顔を見せられる女性に軍配が上がるのでしょう。ここは実生活でも自然な笑顔を心がけた人間が強いということなので見習いたいところです。

最後の問題はルックスではない

他の美女より抜きん出るには…(写真:iStock)

「バチェラー」では、最初は20人いた女性たちが、回を追うごとにひとりまたひとりと脱落していきます。最後の1人になるのは一体誰なのか、観ているこちらも気が抜けません。とても気立てが良く思いやりある女性が脱落し、ぶりっ子している女性が残されたりすると「なんでよ〜!?」と叫びたくなったりとのめり込んで観てしまうのです。

 そもそも番組に出演する女性たちは、元モデルなどの美しい女性ばかり。話が進むにつれて、ルックスが争点ではなくなってきます。どの女性と話が弾むか、どの女性といたら安らぎを感じるか、などと、バチェラーの選択も本格的にシビアになってくるのです。

 こういう時に「あなたをこんなに理解しているわ」「あなたをこんなに心配しているのよ」という愛情アピールをすると、むしろ印象が下がるのは、あざとさが見え隠れするからなのかもしれません。

男性が結婚したい女性像とは

ローズは誰の手に?(写真:iStock)

 過去シーズンで最終段階のほうにまで進む女性には、芯が強く、揺るぎない自分自身を持っている人が目立ちました。その場その場で態度を変えるようなタイプよりは、どのような状況でもマイペースさを失わない女性に男性は魅力を感じるようです。

 結婚生活は長いです。何かあるたびに気持ちが揺れる女性よりも、どっしりと構え、小さなことでは動じない、そんな女性が結局は強いのかな、と番組を観てきて感じていますが、さあ、シーズン3ではどんなドラマが飛び出すのか楽しみですね!

 ちなみに筆者が最も注目しているのは社長令嬢だという高田汐美さん。まさに小さなことなど気にかけなそうな凛とした女性です。彼女がどこまで残っていけるかしっかり見届けたいと思います。

(内藤みか/作家)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ