「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「元の性別なんか関係ない!」 元男性との交際を批判された男性が自殺

2019/9/12 08:41 しらべぇ

(asiandelight/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (asiandelight/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男の子として生まれたものの、今は女性として生きている恋人との甘いロマンスに夢中だった男性がいる。しかし世間の目はあまりにも冷たく、若い男性にはやまぬ批判は耐えがたいものだったもよう。男性は深く苦悩した末、ハタチの若さで自らの命を絶ってしまった。

■元男性との交際

交際期間など詳細は不明だが、今は女性として暮らしている元男性と惹かれあい、順調に愛を育んでいたアメリカ人男性(20)がいた。

ラッパーとしての成功を夢見る一方で恋も存分に楽しんでいたとされるが、SNSにて元男性との交際を公表したところ、ネット上、そして私生活でも心無い人たちによる嫌がらせに悩むようになったとのこと。

もとから精神的に不安定で鬱の症状にも苦しんでいた同男性は、苦々しい批判を繰り返す人々に対し苛立つと同時に、深い闇にはまっていったようだ。

関連記事:優しい! 女性が何も言わなくても荷物を持ってくれる男性の割合とは…

■男性が直面したハラスメント行為

男性は多くの批判的なコメントをSNSに書き込まれたほか、偏見に満ちた人たちに通りで囲まれ絡まれたことも。

スマホを持った複数の男たちに「お前、誰と寝てるって?」と詰め寄られた時には果敢に反論もしたが、この時に無断で撮られた動画までネットで拡散された男性は、気丈であり続けようと努力はしたものの、深く落ち込んでいった。

■「僕は彼女を愛してる」

そんな中、この男性はSNSを更新。「みんな、なんとでも言えばいい」「でも彼女はもう女性だし、僕は彼女の欠点も含め全てを愛しているんだ」などと書き込み堂々と愛を告白した。

また男性は女性の名をタトゥーにして顔面に彫り込むほどの入れ込みようで恋愛を恥じてはいなかったものの、どうにもやまぬ嫌がらせゆえに、「死んだ方がマシ」と思うようになっていったようだ。

■男性が選んだ道

男性が最終的に選択したのは、残念ながら自殺だった。「アイツがこの件でいじめられジョークのネタにされるなんて日常茶飯事だった」と友人も明かしていることから、一連の嫌がらせや中傷が男性を死に追いやったことは間違いなさそうだ。

具体的な死因、恋人の今の様子などは伝えられていないが、若い彼を偏見で追い詰めた人たちの「罪」はひたすら大きい。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ