「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

困った時は田辺騎手 東大HCが中山ダート1800mの攻略法を徹底解説

2019/9/12 14:48 SPAIA

中山ダート1800メートルで回収率が高い田辺騎手ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸) 中山ダート1800メートルで回収率が高い田辺騎手ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

枠順、脚質の傾向は…

先週から秋の中山開催がスタート。重賞が施行される芝の競走にばかり目が行きがちだが、組まれているレースの約半数はダート戦である。馬券で好結果を出すにはダート戦の攻略を避けては通れない。しかも、様々な距離設定が存在する芝のレースと違って、中山のダート戦はほとんどが1200mか1800m。つまり、2通りの傾向を知るだけで勝利にグッと近づくのだ。

以上から「ダートを制する者が中山を制す」と言っても過言ではない。今回は日曜メインのラジオ日本賞が行われるダート1800mに注目して、その攻略法を徹底解説したいと思う。(データは4回開催の開幕時。)

過去3年の中山ダ1800m枠番別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

紫苑Sの予想記事で中山芝2000mが外枠有利というデータを示した。

《紫苑Sの予想》
【紫苑S】“先物買い”で好配当を狙う 大外枠も好材料!東大HCの本命は配当妙味があるこの馬


中山ダ1800mは雑な言い方をすれば中山芝2000mのそのまま内側を走るコースなので、同様に外枠有利の傾向がある。ただし、人気薄がよく走るのは2枠で単回収率も187%と非常に高い。

過去3年の中山ダ1800m脚質別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

脚質別成績はどのコースで調べても基本的に前有利の傾向が出る。そこで、下部に他場を含めたダート1800m戦の平均値を示したので、これを基準に見てほしい。

中山ダ1800mのどの脚質を見ても平均値と大きな差はないことが分かるだろう。強いて言えば、追い込みが平均より多少悪い程度。ダート戦なので当然先行力のある馬を重視すべきだが、中山が他場よりも前有利と考えるのは誤りだ。

シニスターミニスター産駒に注目

続いて種牡馬別成績から見ていく。

過去3年の中山ダ1800m種牡馬別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

出走30回をラインとして勝率上位5頭は表の通り。勝率1位のシニスターミニスターは回収率も単複とも100%超え。キングカメハメハやサマーバードも回収率が高く、これらの産駒が狙い目になる。ディープインパクトは勝率5位に入ったが、回収率は低い。能力でこなす産駒は出ても、適性面で強調はできない。

中山ダ1800mへの出走回数が多くて成績の悪い種牡馬にはルーラーシップやロージズインメイがいる。これ以外ではステイゴールドおよびその後継(オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ)は軒並み勝率が低い。これらの種牡馬の産駒が人気になっていたら疑ってかかりたい。

困ったら田辺騎手、高木厩舎

最後に騎手や調教師といった“人”の要素に注目する。

過去3年の中山ダ1800m騎手と厩舎別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

上記は回収率のいい騎手をピックアップしたものだが、ルメール騎手のように勝率が高いが、人気馬中心ということもあって回収率が平凡な騎手は魅力がない。

勝率と馬券的な妙味のバランスがとれているのは田辺騎手で、「困ったら田辺騎手」という考えで問題ない。一発の魅力という意味では石川騎手や丸山騎手も推奨できる。

厩舎では、サウンドトゥルー、ホワイトフーガの活躍ですっかりダート戦に強いイメージがついた高木登厩舎の管理馬は中山ダ1800mでも好調。特に今年は3回開催までで27戦10勝、連対率56%という驚異の成績を残していて、マーク必須といえそうだ。

《関連記事》
▶【ローズS】勝ち馬の平均上がりは33.9 本命は桜花賞で32.7の末脚を見せたあの馬
▶中山・阪神とも日曜の重賞はレコード決着 先週のレースをSPAIA予想陣の結果とともに振り返る

《ライタープロフィール》
東大ホースメンクラブ
約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」でも予想を公開中。

記事:東大ホースメンクラブ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ