「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

『あいのり』でっぱりん、小学生時代の成績 「天才!」と言われるも…

2019/9/12 18:21 しらべぇ

(画像はでっぱりんInstagramのスクリーンショット) (画像はでっぱりんInstagramのスクリーンショット)

『あいのり Asian Journey 』(Netflix・フジテレビ)に出演し、人気を集めたでっぱりんが10日にブログを更新。小学生時代のテストの点数を明かすとともに、それを知った従弟たちの反応を綴った。

■テストが0点でドヤ顔のいとこたち

この日、「わたしは天才」とのタイトルでブログを更新したでっぱりん。なんとも挑戦的なタイトルだが、本文の出だしも「かもしれない」との文言が続く。

彼女がそう思うに至った理由は、この日の前日に一緒にお出かけした小学生の従弟たちにあるよう。きっかけは、でっぱりんが彼らに「ふたりとも勉強できるん?」と尋ねたところ、「おれ0点」とドヤ顔かつ自慢げに言われたことだった。

関連記事:IQ150以上の天才たちに聞いた「子供時代の変な行動」4選

■17点に「天才!」

そして、その流れで話題は小学生時代のでっぱりんの成績へ。従弟たちに聞かれたため、「17点くらいかなぁ?」と正直に言ったところ「嘘やろ? あや頭いいやん! 天才!」と褒められたというのだ。

これに対し、でっぱりんは「まったく天才でも頭良くもないけど」と至極まっとうなツッコミを入れたのち、「会話が面白すぎて爆笑だった」「まじかわいかったなあ」と綴ったのだった。

■授業をきちんと聞いていても…

テストの点数はさておき、笑いのセンスはかなり高そうなでっぱりんの従弟たち。ユーモラスな筆致に、思わず笑ってしまうところだ。

ちなみに、しらべぇ編集部では過去にいくつか、学生時代の勉学に関する実態を調査している。たとえば、全国20〜60代の勉強が得意ではない男女674名に対し行なった調査では「授業はきちんと聞いていたのに、勉強ができないほうだった」と答えた人が全体の36.6%にのぼった。

聞いていても勉強ができないほうだったというグラフ

はたして、でっぱりんはきちんと授業を聞いている側だったのか。今後、ブログにて語られることを願いたい。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の勉強が得意ではない男女674名 (有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ