「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

対戦車戦闘も無人の時代へ 無人車両からの対戦車ミサイル発射に成功

2019/9/11 18:00 おたくま経済新聞

ジャベリン対戦車ミサイルを発射するQinetiQの無人車両TITAN(Image:KONGSBERG) ジャベリン対戦車ミサイルを発射するQinetiQの無人車両TITAN(Image:KONGSBERG)

 ノルウェーのコングスベルグは2019年9月6日(現地時間)、同社の汎用遠隔操作式兵装ステーションを装備した無人車両から、FGM-148ジャベリン対戦車ミサイルを発射する試験に成功したと発表しました。これは歩兵を危険に晒すことなく、戦車の脅威を排除できる可能性を示しています。

 歩兵にとって大きな脅威となる戦車。現代の歩兵戦闘では、戦車の脅威を排除する対戦車戦に重点が置かれてきました。空からの近接航空支援(CAS)に加え、陸上からは戦車など装甲戦闘車両による火力支援、そして歩兵自らが運用する対戦車ミサイルが、その役割を担っています。


 無人車両による対戦車ミサイル発射試験は2019年6月、アメリカ軍のレッドストーン兵器廠にある試験センターで実施されました。使用されたのは、歩兵に随伴して装備品の運搬を行うキネティック(QinetiQ)製装軌式無人車両、タイタン(TITAN)。

 これに、アメリカ陸軍のストライカー装甲車などに使われているコングスベルグ製の汎用遠隔操作式兵装ステーション(CROWS)、プロテクターを取り付けました。プロテクターはカメラなど各種センサーと機関砲、ミサイルランチャーが一体となったシステムです。

 離れた場所から暗号化無線によって操縦されたタイタンは、移動する標的戦車に向かってジャベリンを発射。撃破に成功しました。

 コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペースのブラトリー上級副社長は、今回の試験成功について「無線により遠隔操作される兵器システムを搭載した無人車両は、兵士の任務をより安全にし、より大きな戦果を得ることが可能であることを示しました」とコメントしています。

 この汎用遠隔操作式兵装ステーションを搭載した無人車両、タイタンは、2019年9月10日〜13日の期間、イギリスで開催されている防衛安全保障見本市「DSEi 2019」のコングスベルグブースで展示されているとのことです。

<出典・引用>
コングスベルグ プレスリリース
Image:KONGSBERG/QinetiQ/U.S.Army/USMC

(咲村珠樹)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ