「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

レイザーラモンRGがおすすめ!いま気になるスニーカー10選

2019/9/11 16:51 mybest

レイザーラモンRGがおすすめ!いま気になるスニーカー10選 レイザーラモンRGがおすすめ!いま気になるスニーカー10選

スニーカー集めという趣味が高じて、最近では「スニーカー芸人」として企画に呼んでいただいたり、スニーカーの自撮りを集めたスタイルブック「KIMODORI」を出しているレイザーラモンRGです。自分が考えるスニーカーの魅力は、ざっくり5点あります。ほどよい大きさでコレクションできる、「フィギュア・プラモデル的な魅力」開発にいたる世の中の動きなど、「誕生までの経緯・歴史を楽しめる魅力」履いてオシャレという、「ファッションとしての魅力」機能性や履き心地など、クルマやバイクにも似た、「実用的に履いて楽しむ魅力」日々のケアが必要なうえに寿命も存在する、「ペット的な魅力」つまり、スニーカーってさまざまな趣味の魅力を合わせ持っていて、「趣味の総合形態」だったりするんじゃないかな〜って思っています。そこで今回は、おすすめできて比較的手に入りやすいスニーカーを10足ご紹介します。ナイキ・アディダス・プーマ・ニューバランス…。ほかにも意外なブランドが登場するかも?気楽に見ていただけたら嬉しいです~♪

スニーカー芸人

レイザーラモンRG

人気お笑いコンビ“レイザーラモン”として活動中。「あるあるネタ」をはじめ、独創的なレパートリーのモノマネ、そして本格漫才コンビとしても人気を博す。 最近では、「スニーカー芸人」としてメディアに登場することも多く、スニーカ越しの自撮りをまとめた「キモ撮り」をインスタグラムで発信中。それをまとめたスタイルブック「KIMODORI」(リットーミュージック)を2018年末に発売。大きな話題を呼んでいる。

レイザーラモンRGのマイベスト

LI-NING | Essence 2 Plus

23,760円(税込)

独創的なデザイン性が唯一無二の存在感!

こちらは、いま個人的に注目している中国発のブランド、リーニンの1足。この春から取り扱いがスタートした「エッセンス2プラス」というモデルです。なんといっても、この“ごちゃっとした”デザイン。まるで男の子のオモチャといいますか、アニメから飛び出てきたような個性的なパーツの数々に男心が惹かれます。今の中国の好景気を表しているかのような勢いを感じませんか?とても気に入っていて、今日もこれを履いてきました。まだあまり出回っていないので、ほかの人とのカブリを気にしなくていいのも魅力です。

MIZUNO | rhrn

32,400円(税込)

超個性的!大人感が漂う漆黒のスニーカー

日本発のスポーツブランド、ミズノさんのスニーカー。ご覧のとおり、かなりの意欲作です。なんといっても注目なのが最先端のソールのデザイン。まるでビヨ〜ンと跳ねるかのような独特なソールは超個性的ですよね。さらに、繊維を編み込んだかのような靴自体の素材使いも独創的。スニーカーにあまり詳しくない人が見ても、「なにそれ?」と興味を持ってくれること請け合い。モード系の服との相性がよく、案外コーディネートしやすい点もお気に入りポイントのひとつです。

Puma | RS-X TROPHY

14,040円(税込)

近未来感漂う、“ダサ格好よさ”が魅力的!

こちらは比較的手に入りやすいモデルですが、プーマさんの「RS-X TROPHY」という1足。分厚いソールにボリュームのあるアッパー。少し不恰好なデザイン性で人気を集めている今風のシルエット、ダッドシューズの流れで楽しめるモデルです。黒にゴールドを効かせた色使いで大人感が漂うアッパーに、厚手の白ソールが絶妙なハズしになって、今っぽいオシャレを引き立ててくれるはず。また、ソールが分厚いだけにクッション性に優れていて、履き心地も抜群です。

On | Cloudflyer Waterproof

20,304円(税込)

新興のスニーカーブランドが放つ話題の1足

これはスイス発の注目ブランド。なんでも、トライアスロンの世界チャンピオンが「究極のシューズを作りたい!」と、大学と共同で研究をして完成したモデルなんだとか。とにかく軽いうえに、クッション性がありつつ反発性も抜群!長距離ランナーの方々を中心に人気が広がっています。科学的に考え抜かれた機能性はもとより、このシンプルかつシャープで賢そうな見た目も格好いいですよね。新興ブランドの動きからも目が離せません!

Puma | CELL ENDURA BLENDS

19,440円(税込)

90年代好きなら、こんな変わりダネもおすすめ!

これは、1990年代に人気を呼んだ名作スニーカーの復刻モデルです。ボリューミーなソールと高さのあるアッパー。ダッドスニーカーとして楽しめるデザインで、洋服とのコーディネートのしやすさは抜群です。特に自分がこだわったのは、このシルバーの色味。独特な存在感がなんともいえません!90年代に人気を博したモデルといえばナイキさんの「エアマックス95」が有名ですが、それだと「少しベタかも?」と思う人に特におすすめしたい1足です。

Nike | AIR MAX PLUS

30,999円(税込)

ナイキファンの間でも特に話題の“マップラ”

今、ナイキファンの間でも特にマニアックなモデルとされているのが、こちらのスニーカー。自分もこれを履いていると、「RGさん、マップラ履いてるんですね!」とナイキ好きの友人からよくいわれます。ハイテク系のデザインに、独創的な色使い。ナイキさんならではの完成度の高さで飽きることなく楽しめるのが気に入っています。たとえ退屈な印象の洋服を着ていても、この1足を合わせればオシャレっぽく見えてくるから不思議ですよね(笑)。

New Balance | M990 V4

33,600円(税込)

履き心地のよさにうっとり♪

老若男女、幅広い人たちから支持されるニューバランスさん。かのスティーブ・ジョブズも愛用していたというのは有名な話ですよね。「990シリーズ」は定番のグレーに加え、ネイビー・グリーンなど、カラーバリエーションも広がってきていますが、自分は最もベタなカラーと思い、このグレーをチョイス。履き心地という面では常に高評価を集めるブランドですが、そのなかでもこのモデルは履き心地のよさで特に人気の1足。お値段は少し張りますが、これを選んでおけばまず間違いないと個人的には思っています。

Puma | RS-X TOYS

14,040円(税込)

ポップなカラーリングが斬新な1足

プーマさんの人気モデル、「RS-X TOYS」。ボリューミーなシルエットのスニーカーが人気の今、さらなる注目を集めているスニーカーです。なかでもこちらは「TOYS」という名前のとおり、まるでオモチャやゲームから飛び出したかのようなポップな色使いが楽しげですよね。実はつい先日、サッカーの三浦知良選手が真っ赤なジャージーに、真っ白なモデルのこのスニーカーを合わせているのを発見!めちゃめちゃお似合いだったんですよ!カラー違いとはいえ、あのキングカズさんも愛用しているモデルと知って、自分の中でさらに価値が上がった1足です。

Puma | mita sneakers x Puma CELL VENOM “STEALTH”

18,360円(税込)

90年代の人気シューズの復刻を別注モデルで!

こちらは、1990年代に人気を呼んだランニングシューズ、CELL VENOM(セルヴェノム)というモデルの復刻版です。このモデルは人気が高く、数多くのコラボ商品が登場しているんです。そのなかでも自分が選んだのが、人気スニーカーショップであるミタスニーカーズさんとコラボした1足。ヌバック・メッシュ・レザー・リフレクターなど、さまざまな素材が使われていて、トーンの異なるグレーをグラデーションで彩っています。差し色に効かせた蛍光グリーンも個性的。大人でも十分に履ける点が気に入っています。

ASICS Tiger | GEL-PTG

14,040円(税込)

みんな大好き、ミッキーマウスコラボモデル!

学生時代、部活でお世話になったという人も少なくないであろう、「ゲルポイントゲッター」という名のバスケットシューズ。その復刻版がこちら。しかもただの復刻ではなく、なんとディズニーとのコラボモデル!ソール周辺にミッキーマウスがあしらわれているんです。白と黒の色使いの中に絶妙に効かせた遊び心で、大人でも履けるほどよいポップさが楽しめるはず(ちなみに、ディズニー好きで知られるFUJIWARAの藤本さんも、このスニーカーを履かれていました)。スニーカー好きはもちろん、バスケファンには懐かしく、ディズニー好きには新鮮に見えること間違いなしの1足です。

レイザーラモンRGのマイベストまとめ

本当はもっとご紹介したいモデルもあるのですが、さらなる詳細は、著書「KIMODORI」を見ていただけたら(笑)。みなさん、絶賛発売中なので!!その本にもなった「キモ撮り」ですが、最近ではハッシュタグ「#キモドリ」でいろんな人が発信して一緒に楽しんでくれたりと、思いもよらぬ動きを見せてくれています。(ちなみに、キモ撮りとは、自分が開発した「スニーカー越しの自撮りスタイル」のこと。撮影に励む姿を見た妻が発した「キモっ」という一言に由来します…)自分のポリシーとしては「たかがスニーカー」。でも、その「たかがスニーカー」が、履く人の毎日を豊かにするきっかけにもなるはずなんです。だって、履くだけで気分をアゲてくれますし、その日に出会う人に話題を提供することもあるかもしれない。もちろん、歩きやすいというだけでも、快適な時間を与えてくれる重要なツールでもありますよね。みなさんも、自分なりの楽しみ方を見つけてもらえたら嬉しいです。そして、スニーカー界のピースサインのように、「キモ撮り」をもっと盛り上げていただけたらいいなと思います!写真:三浦晃一

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント30

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ