「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

低温で素早く乾かし退色予防!ダイソンの新ヘアドライヤー

2019/9/11 18:30 つやプラ

40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン 40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

髪をいたわりたいけど忙しい……そんなつやプラ世代の女性の強い味方になってくれるドライヤーがダイソンから新登場!

従来のドライヤーより低温でありながら髪を速く乾かしてくれる、進化した「Dyson Supersonic lonic(ダイソン スーパーソニック イオニック)ヘアードライヤー」が9月4日(水)よりダイソン公式オンラインストア、ダイソン直営店、百貨店、ダイソンお客様相談室で販売開始、9月11日(水)より全国の家電量販店で販売開始です。

■低温ですばやく髪を乾かす新アタッチメント

新発売のDyson Supersonic Ionicヘアードライヤーには用途に合わせて4つのアタッチメントがついています。新開発のアタッチメントであるジェントルエアーリングはデリケートな頭皮や細い髪のために設計されています。20℃※1温度を下げた低温のやさしい風を作りながらも、髪をすばやく乾かしてくれます。過度な熱でおきるカラーリングの色落ちも防いでくれるので、白髪染めなどカラーリング率の高いつやプラ世代には嬉しい効果。

※1 本体を最大風温・風量に設定し、ジェントルエアーリングを装着した場合と装着しない場合の比較。

4つのアタッチメント。左から「ジェントルエアーリング」「スムージングノズル」「スタイリングコンセントレーター」「ディフューザー」

■ツヤ・なめらかさをアップしうねり・広がりを抑える設計

ドライヤーからでる風の温度を毎秒20回チェックし保護してくれる設計”インテリジェント・ヒートコントロール”が、低温の風をキープしながら髪が健康な状態でいられるように保護してくれます。自然乾燥と比べるとツヤが17%、なめらかさ11%アップし、髪のエイジング悩みに多いうねりや広がりを28%も抑えてくれます。※2

※2 自然乾燥との比較。実際の使用状況により異なる場合がございます。

■羽のない扇風機が空気を頭皮まで届ける

ダイソンの特徴的な羽のない扇風機で特許を取得しているエアマルチプライアー テクノロジーとデジタルモーターV9が採用されていて、高圧・高速気流を頭皮までしっかり届けてくれるので低温ですばやく髪を乾かし、髪の内側や頭皮の気になる半乾きも防いでくれます。

さらに静電気や広がりを抑えてくれるマイナスイオンが1㎠あたり4100万個※3も放出され髪全体に広がるのでしっとりとまとまる髪に導いてくれます。

※3 第三社機関 China Testing & Inspection Institute for Household Electric Appliances により、中国で実施した試験結果。 2016年QB/T規格 4982-6.4.3に準拠し、最も高い風速及び最も低い風温設定で実施。一台の試験結果で、実際の使用状況により異なる場合がございます。

■低温で髪をすばやく乾かすことの重要性とは

ダイソンは6年以上さまざまな髪のタイプを研究を行い、髪の細い人は頭皮に熱を感じやすいことがわかったそう。さらに、過度な熱はカラーリングした髪の色落ちにつながってしまうことも判明したそう。カラーリングをしている人が50%を超えると言われている日本女性にとっても、より低い温度で髪をすばやく乾かすことが重要と言えそうです。

新商品Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤーは、まさにダイソンのヘアサイエンス研究の最先端のドライヤーと言えそうです。

日本にも今後ヘルス&ビューティラボを立ち上げる予定だというダイソンから目が離せません。Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤーで低温ですばやく髪を乾かして美しい髪を作り上げてみては。

カラー(3色):「アイアン/フューシャ」(写真)、「ブラック/ニッケル」、「ブラック/パープル」※直販限定、
サイズ(mm):H245×W78×D97、製品重量(g):697、消費電力(w):1200、参考小売価格:オープン

(つやプラ編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ