「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

結婚相手と恋人は別! 恋活→婚活の切り替えで見直す4条件

2019/9/11 07:00 コクハク

未来の夫はどこにいる?(写真:iStock) 未来の夫はどこにいる?(写真:iStock)

未来の夫はどこにいる?(写真:iStock)

 よく聞きませんか?「結婚したい人と、恋人にしたい人は違う」なんて話。

「たくさん遊んだし、そろそろ遊びじゃなくて結婚ありきで相手を探そうかなぁ」

「恋活から婚活に変えようかな。でも、正直やることは今までとそんなに変わらないよね?」

 いえいえ、一過性の恋人探しと同じスタンスでは「婚活をしている」とは言えません。恋人探しから婚活に切り替える際のポイントをおさらいしていきましょう。

そもそも「結婚相手」と「恋人」の違いとは

恋人と結婚相手に求めるものは違う(写真:iStock)

「年齢も年齢だし、もう遊びには未練がない。これからは結婚を見据えて、相手を探すつもり」

「20代のうちに子供が欲しいな。年齢を逆算して、そろそろ本気の相手を探さないと」

 恋活から婚活へのギアチェンジ。しかし、結婚相手と恋人に求める条件の違いを明確にしていますか? 恋人を探すときの感覚のまま結婚相手の候補を探している人はとても多いのです。しかし、恋人と結婚相手ははっきりと違います。それはどんな点なのか?

1. 生涯共同生活をする相手である

長い人生を一緒に過ごせる相手か?(写真:iStock)

 別れありきで恋人と付き合うことはあっても、離婚ありきで婚姻届を出す人はいないですよね? ということは、基本的には死ぬまで一緒にその人と衣食住を共にすることが前提になります。

 単なる恋人であれば目をつむることができた欠点も、結婚相手となるとそうではなくなるかもしれません。

「彼は自分が育った家庭環境のせいか、家事は女がするのもの、と思っているみたい。『皿洗いを手伝って』と言ったら『なんで俺が?』と、きょとんとされてしまった」

「お互いの家でおうちデートするようになって気づいたけど、彼とわたしで許せる部屋の汚さレベルが全然違う。もっと言えば、彼は散財しがちだけど、わたしは節約主義。付き合う分にはいいけど、一緒に暮らして生活を分かち合うとなると、わたしばっかりが我慢することになりかねない……」

 恋人は「一緒に暮らす」「同棲」は必ずしも必要な条件ではありません。しかし結婚して子供を持つ、となるとそうはいかないですよね。

「この人と一緒の家に暮らせるか?」「生活を分かち合ってストレスがたまらないか?」というのは、結婚相手を探すのであれば必ず見極める必要がある項目です。

2. 子供の父親になる相手である

父親になった彼が想像できる?(写真:iStock)

 結婚相手となると、その人と子供を作る、という可能性は非常に高い。

「言葉遣いは荒いしモラハラ気味だけど、イケメンで仕事ができて高学歴な彼が大好き!」とダメ男にのめり込んでしまう女性は少なくありません。しかし、恋人がダメで地雷な男性であることに納得はしているかもしれませんが、自分の子供の父親がその人で本当にいいですか?

 あなたに対して暴力的な発言をしたり、失礼な態度をとる男は、きっと父親になったら我が子に対しても同じ態度を取ることでしょう。

「この人と子供を育てる、ってなったときに、子供嫌いな彼は手伝ってくれないだろうし、ワンオペ育児になるんだろうな。当然仕事もわたしが諦めることになるだろうし」

 そんな風に考えると、「つらくても好きだからいいの!」と地雷な恋人にしがみつくことにはリスクしかないですよね。

3. 自分の家族になる相手である

2人だけの問題じゃなくなってくることも(写真:iStock)

 結婚をする、ということは言うまでもなく自分の家族になる、ということでもあります。関係してくるのは自分だけではありません。自分の家族と相手の家族もおのずとかかわってきます。もし著しく彼と自分の家族が合わなければ、あなた自身も彼も互いの家族も苦しむことになります。

「彼のことは大好きだし、彼もわたしのことを大切にしてくれる。だけどどうしてもわたしの両親とソリが合わなくて、『実家に帰るね』と言うと不機嫌になったり悪口を言い募ったりする」

 両親と夫となる相手、どちらが大切かは選べません。だからこそ、「わたしが好きだから、いいの!」の一点だけでごり押しして家族になってしまうと、自分以外の身内も苦しむことになりかねません。

4. 辛いときも同じ時間を過ごす相手である

人生は山あり谷ありだから…(写真:iStock)

 人生は山あり谷あり。いつも万事うまく行っている!とはいかないですよね。仕事で失敗してどん底を味わったり、お金がなくてさもしい思いをしたり、病気をしてしまったり……。

 恋人関係であれば、あくまでも恋人個人の問題なので、交際相手の痛手は個人の痛手と割り切れるかもしれません。

 しかし結婚すれば夫婦は一心同体。もしその人がどん底に落ちてしまった時、「あなたの問題だからわたしには関係ない」とはなりません。同じくどん底まで否が応でもついていかなければならないですよね。

「この人と幸せになりたい!」「この人に幸せにしてほしい!」恋人にしたい相手がそうなら、結婚相手は「この人となら、不幸になってもいい」「この人なら、不幸なときも一緒に支えて頑張れる」と思える人を選ぶべきでしょう。

まとめ

 恋人と結婚相手を同じように探していたら、いつまで経ってもうまく行きません。恋人であれば、楽しい時間を分かち合う「いいとこ取り」の関係でもいいかもしれません。しかし、結婚相手は自分の家族となる男性。「かっこよくてやさしくて、ついでに金払いがいい人がいいな!」なんてフワッとした探し方では、「婚活」とは言えません。

(七海/ライター)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ