「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

耳の隙間時間をインプットに使え! 倍速オーディオブック学習法

2019/9/11 20:00 lifehacker

耳の隙間時間をインプットに使え! 倍速オーディオブック学習法 耳の隙間時間をインプットに使え! 倍速オーディオブック学習法

明らかに物覚えが悪くなった。前なら覚えていたことを忘れがち…記憶力の低下に思い当たる節があるなら、今こそインプット方法を見直すタイミングかもしれません。

今回お話を伺ったのは、株式会社オトバンク代表取締役会長の上田 渉さん。

ご自身が高校生の時に、耳を使い繰り返し聞いて覚えるインプット法にたどり着き、東京大学へ合格、のちに耳で聴く本「オーディオブック」のサービスを立ち上げ、その規模は現在も拡大し続けています。

日頃から、積極的に耳の隙間時間をインプットに使っているという上田さんに、リアルな耳学習の実践方法を伺いました。

耳で聞くとなぜスムーズに覚えられるのか

高校生の時、一念発起して、よし東大に行こうと決めた上田さん。ただ、そのときの偏差値は30…。

まずは、過去問を読んでみる。

すると、現代文なのに読んでも理解できない。

そこで、音読してみた。目で読むだけよりかはわかる(気がする)。

10回読んでみたら、だいぶ理解できた(気がする)。

さらに、100回読んだらしっかり頭に入る気がした。

そんな気づきから、何度も朗読し、録音したものを繰り返し聞いて覚えることを続けました。

声が枯れるまで読むうちに、声を出さなくても「頭の中で自分の声で読む」ことができるようになったという上田さん。目で見たものでも、聴覚を意識して音に変換するようにしているそう。

「人間がどうやって言語を学ぶかというと、言葉を音声として耳で覚えて、文字は後から目で見て覚えているんです。本を読むと、まず文字が頭の中で音声に変換され、脳で理解できるという仕組み。つまり頭の中では、必ず音声に変換されているんです。」

耳を鍛えて聞く力を高めれば、インプットはスムーズに。自ずと理解力も、記憶力も上がってくるのだそう。つまり、リーディング能力を上げるには、まずリスニング能力を上げる必要があるようです。

「音読を続けるうちに、だんだん聞くことが上手くなっていき、あわせて言語能力が上がります。聞くほどに覚える能力が上がるので、何度も繰り返し聞くことが重要なんです。」

耳からの学びには、得意不得意がある

ヘッドフォンで聴くビジネスマンImage: Shutterstock.com

では、耳からのインプットが誰しも有効なのか?というとそうではなく、人により得意不得意があります。中には、もともと見て覚えることに長けている人(視覚優位の人)もいるのだそう。

「自分が、視覚と聴覚どちらからインプットするのが向いているのかわからないなら、まずはオーディオブックなどを聞いてみて、どちらが理解しやすいか試してみるといいですよ」と上田さん。

耳からのインプットが向いている学習ジャンルは?

国語や英語などの語学に限らず、記憶力が必要な世界史、数学(数式)も聞く力がつけば、理解できるようになるのだそう。

「あらゆるものを音声化できるかという視点に戻って、勉強してみるのをオススメします。

私の場合、英語も現代文と同じように、フレーズをたくさん聞いて実際に声に出して読むことを繰り返して覚えていきました。数学も数式を声にして読めるようになると理解しやすくなりますよ。」

集中してインプットできる聞き方とは?

耳を使うことに慣れていないと、つい音楽のように聞き流してしまいそう…。どうすれば集中力を切らさずに聞けるのでしょうか。

2倍速以上の速さ(倍速)でオーディオブックを聞いてみてください。あえて聞きづらい音にして聞くことで集中力がぐっと高まるのを感じるはずです。さらに集中したいなら目をつぶって倍速で聞くのをオススメします。」

倍速の音は誰でも最初は聞き慣れないもの、そこで諦めず「最初の30秒を意識して聞く」。それだけで耳が慣れて、2倍速まではたいていの人が無理なく聞けるようになるそうです。

ちなみに上田さんは、普段3倍速で聞いているのだとか!(筆者も聞いてみましたが、早すぎて何が何だか、すごい集中力です)

オーディオブック向きの書籍ジャンルは?

教養人文系の本が、オーディオブックに向いています。」(上田さん)

その理由として、初めから読まないとわからないから読み飛ばせないこと、集中して読むのに時間がかかる点などがあるそう。

「教養人文系の書籍は大抵分厚いので、実際に読もうとすると、時間が作れず、途中で挫折してしまう人も多いんです。朗読時間が10時間を超えるオーディオブックも多数あります。

続けてこれを聞くのは大変ですが、移動中や寝る前など耳の隙間に、しかも倍速にして聞けば、2倍で半分の時間になりますから、自分で読むよりはずっと時短になるはずです。」(上田さん)

途中で知らない言葉が出てきたらどうする?

一つの言葉に、あまりこだわらなくて大丈夫です。聞き進めるうちに、同じ言葉が何度も出てくるから、その文脈で理解できますよ。」(上田さん)

ちなみに、オーディオブックで聞いてわからなかったところは、書籍を読んで理解する、という耳と目と両方を使い分けている方もいるそう。

オーディオブックと、書籍を併用するメリットは?

聞きながら本を読む男性Image: Shutterstock.com

「耳で聞いているスピードに合わせて、書籍の文字を目で追うことで、理解力が格段にアップします。音を倍速にしてそれに合わせて文字を追うことで、速読ができるようになりますよ。」(上田さん)

記憶力は、インプットする感覚器官が増えると、その分、より向上すると言われています。目と耳へ両方の刺激を一度にすることによって、より集中して、効果的に覚えることができるそう。

これこそが、つまり上田さんの言葉で「倍速倍理解が叶う」ということ!

耳と目、どちらがいいのではなく両方をバランスよく刺激することで相乗効果が生まれ、どちらかだけよりもインプットがはかどるようになります。

耳からのインプットには、新発見がある

近頃、インプットがうまくいかないなと感じたら、今までのインプット方法(見る、読む)にプラスして耳を使ってみる!

一見、簡単に思えますが、実際にやってみると慣れるまで、かなり集中力が必要だと感じます。

ただ、それと同時に、インプットに効いているな、今かなり頭を使っているな!とジワジワくる感覚に気づくことができるはず。

そこで、まずはじめはインプットしようと意気込まず、耳を使うことに慣れるために読んでみたかった作品、気になっていたけど読んでいなかった作品などを見つけて、手軽に聞いてみるのが良さそうです。

初心者にオススメのオーディオブックは?

audiobook.jpを聞いている女性Photo: オトバンク

オトバンクが手がけるオーディオブックには、話題のビジネス書や人気の小説、専門書などから講演会の音源まで幅広くラインナップされています。そこで、今オススメのラインナップを教えていただきました。

<初心者におすすめのオーディオブック>

ビジネス

「嫌われる勇気」 「嫌われる勇気(前編)(後編)」※極上voiceメソッドバージョン 「自分を操る超集中力」 「結局すぐやる人がすべてを手に入れる」

文芸

「マチネの終わりに」 「青くて痛くて脆い」 「スマホを落としただけなのに」 「モモ」

オーディオブックは、1冊から購入可能で、月額750円の定額制聞き放題プランも。専用アプリを使えば、倍速設定も簡単です。書籍は、ダウンロードしてオフラインで聞けるのでいつでもどこでも楽しめます。

これまでの読書とは全く違う、豪華声優陣が朗読するオリジナルの聴く本の世界が体験できそうです。

聞くことに慣れてきたら、上田さんの提唱する耳学習法を試して、ぜひあなたの耳の隙間をインプットに活用してみてください。

上田 渉(うえだわたる)さん

東京大学経済学部経営学科中退。複数NPO・IT企業の立ち上げ・運営を経て、2004年オトバンクを創業し、代表取締役に就任。「オーディオブック」を文化として浸透させるべく良質なコンテンツを出版各社と共に創出するため、日々奔走している。主な著書は『脳が良くなる耳勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『勉強革命!』(マガジンハウス)『ノマド出張仕事術』(実業之日本社)など。[株式会社オトバンク]

あわせて読みたい

「日本一アウトプットをしている精神科医」が教える、すぐに実践できるインプット術

ここ1週間でネットで見たニュースやブログのうち、内容を思い出せるものはいくつあるでしょうか?もしかして、数個しか思い出せなかったかもしれませんね。私... https://www.lifehacker.jp/2019/08/input-taizen.html

眠かったら寝る。誰にでもすぐに使えて超強力な「勉強法」とは?

テレビや雑誌などで見かけることが多いので、ご存知の方も多いことでしょう。『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法』... https://www.lifehacker.jp/2018/09/book_to_read_way_of_learning.html

本は読むのではなく手軽に聴こう! Amazon Audibleが移動時間の強い味方になってくれそう

本を読もう読もうと思いながらも、積読がやめられない。私だけではなく、多くの人が同じ経験をしたことがあるかもしれません。なぜ、お金を払って購入した本を... https://www.lifehacker.jp/2019/05/amazon-audidle.html

Source: audiobook.jp

Image: Shutterstock.com

Photo: オトバンク

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ