「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

THE BOHEMIANS 平田ぱんだがロックンロールの名盤について書き綴った単行本『ロックンロールの話』詳細発表

2019/9/10 21:00 SPICE

THE BOHEMIANS THE BOHEMIANS

THE BOHEMIANSのボーカル・平田ぱんだ(Vo)のウェブ連載を単行本化した『ロックンロールの話』が、10月1日(火)に発売される。

この連載は、平田ぱんだがロックンロール・バンドやアーティストの1stアルバムから名盤を厳選。毎回1万字に迫る文字量で、作品への熱い思いと、ロックンロールとは何か? について書き綴っている。

今回、単行本化にあたり、時系列で14枚のアルバムをセレクトし再編集。エルヴィス・プレスリー、ザ・ビートルズ、ザ・フー、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ブルーハーツなどの1stアルバムを取り上げているが、中にはRCサクセションの『ラプソディー』など、平田ぱんだが勝手に1stアルバムと認定した作品も含まれている。

情報の羅列でなく、平田ぱんだ自身の思いに重点を置いた内容なので、エッセイとしても面白く読むことができる一冊になっている。また、各章の扉のCDの写真は平田ぱんだが自宅で撮影したもので、自撮りの写真で構成した特製の栞も付録につく。さらに、4章ごとに平田ぱんだがセレクトしたプレイリストも掲載。まえがきとあとがきは書き下ろしとなっている。

そして9月25日(水)には、東京・高円寺HIGHにて、単行本発売を記念してTHE BOHEMIANSによるスペシャルライブと単行本『ロックンロールの話』先行販売、平田ぱんだによる著書サイン会が行われる。さらにこの日の来場者には、新作インタビューなどが掲載されたA3十字折のフリーペーパー『DONUT FREE 18』が無料配布される。

なお、単行本『ロックンロールの話』は一般書店やネット書店では取り扱わず、当面はライブ会場と特設サイトのWEB通販を中心に販売される。WEB通販サイトSTORE「Rock is」では、平田ぱんだのサイン入り単行本『ロックンロールの話』を手に入れることができる予約販売がスタートしており、予約受付期間は本日9月10日(火)21:00より9月25日(水)23:59までとなっている。


 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ