「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

受験生を抱える我が家に送り込まれる甥っ子。10日もの連泊はアリなのか?

2019/9/8 11:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

pixta_33464913_M

みなさんのお子さんはイトコと仲よしですか? 子どものイトコはママ自身にとっての甥っ子や姪っ子にあたりますね。我が子とはまた違う意味でかわいく思っている人は少なくないのではないでしょうか? とはいえいくらかわいい甥っ子や姪っ子だとしても、そのお世話を押しつけられるとなるとまた別の話かもしれません。
ママスタBBSにあったのが「甥っ子がうちに泊まりに来ると言うんだけど」という相談です。1泊? 2泊? いえいえ、なんと10日間だそうです!

冬休みのうちの10日間って、ほぼ休暇丸ごとでは?

泊まりに来たがっているという甥っ子は、投稿主の義姉の息子さん・中学2年生。投稿主さんとは直接の血縁関係はないものの、かわいく思っているそうです。そして投稿者のママの家には、中学1年生と3年生の息子さんたちがいるそう。

『冬休みに10日も泊まりに来ると言っているんだけど、いくらなんでも長すぎるよね? うちの子たちと気が合うらしく、ここ数年の恒例行事みたいになっているんだけど、10日間……。自分の子どもたちだけでも疲れるのに、冬休み中いるっておかしくない?』


いくら甥っ子とはいえ、”よそのお子さん”です。気遣うことも少なくないでしょう。たしかに10日間は長すぎるかもしれません。日数の長さにびっくりしたママたちのコメントが集まりました。

『無理無理。なにしに来るの? 私は自分自身の甥っ子でさえ、3日で疲れたよ。義理の甥っ子なんてよけいに無理。ダンナが勝手に引き受けたの? 実際にめんどうみるのは投稿主なのにね』


『冬休みって、2〜3週間じゃなかったっけ? そのうち10日間って、もう丸投げじゃん。いくら仲よくて子どもたちが楽しみにしてても、10日間はなしだな。長くて1泊2日』


『それなら次は春休みずっと義姉の家に、我が子を送ったらいいよ(笑)。めんどうをみる大変さがよくわかるはずだから。日数減らすんじゃなくて、中止させなよ』


「自分自身のきょうだいの子どもなら、何日でもOK」という一部の声はあったものの、それ以外はすべて「おかしい」という声でした。

家族にも緊張感漂う、受験生の家。宿泊なんて嫌がらせ並み?

さらに事態をややこしくしているのは、投稿者のママのお宅には中学3年生の受験生がいるという事実です。

『「今年は受験を控えてるから」って、断る。「こんなに大事な時期に、なに考えてんの?」って話そう。そうでなくても、ふつうに10日間って長いわ』


『ふつうは中学生になると冬休みとかは部活、塾、友達中心になると思うんだけど。今年は「受験生がいるから」って断りなよ。代わりに自分の中学1年生の子を、泊まりにやったら?』


『もし甥っ子が泊まりに来て、受験を失敗したら? そりゃあ悪いのは自分の子どもだけど、これから先のシコリになって残ると思う。ダンナが頼りないなら、自分で「この冬は絶対ダメ」と電話して断る。もう小学生じゃないんだから。ちょうどお泊りのやめどきだと思うよ』


受験目前の子がいるところに、10日間も泊まりに来る。これがなにを意味するか、よくよく考えたほうがよさそうです。かつて受験生を抱えたことがあるママたちからの、アドバイスもありました。

『家族でも病気を家に持ち込まないよう、静かに勉強できるようにって、キリキリする時期なのに。甥っ子を預かるのは、やめたほうがいいよ。うちは去年受験したけど、兄弟に八つ当たりしててヤバかった。家族全員がストレスのマックスだったよ」


『中学3年生の冬休みに泊まりに来させる親戚なんているの? 嫌がらせじゃん! 今中2なら、受験生が大変だってことを知りながら来るわけだよね? 受験失敗したら最悪だね……。インフルエンザや感染症にならないようピリピリしている時期だし、中には受験前に学校を休ませる親もいるくらいなのに。ダンナは我が子の受験より、お姉ちゃんのご機嫌取りのほうが大事なのか』


『受験生がいると、家族がちょっと遊びに行くだけでも気を遣うのに。甥っ子が来ても遊びになんて連れて行けないし、もし遊びに行っても家でその話はできないよ。受験生だと冬休みは冬季講習や正月特訓とかで、朝から晩まで勉強漬け。たとえ1泊2泊でも、甥っ子を呼べるような雰囲気じゃないよ』


受験生の体調を悪くしないように、家族でさえも気を遣う時期。息子さんの将来のためにも、「断るべき」という意見が圧倒的多数でした。

「断るべき!」の声を受け、投稿主さんが出した結論は


さらにこれをきっかけに、恒例のお泊り行事を見直すべきという声も。

『なんで向こうが来るばかりなんだろう? 気が合って仲がよいなら、毎年交互にお泊まり会したらいいのに。ちょうど来年は向こうが受験生だし、勉強教えてあげる名目でふたりとも派遣しちゃえ(笑)』


『中学3年生の子がいるのに、泊まりとかナシ。毎年遊びに来てるって、すごいね。無料の託児所的に思われているんじゃない? これから順番に受験が続くから、これを機にやめよう。どうしても子どもたちがイトコに会いたいのなら、毎年春休みに1日お出かけとかにすれば?』


3年連続で受験が続くことになるのですから、やはり冬休み恒例のお泊り行事はしばらく中止にしたほうがよさそうです。イトコ同士の交流を大切にしたいのなら、春休みだってかまわないわけですよね。

みんなの声を受け、10日間のお泊りは阻止したという投稿主さんでしたが……。

『なんとか2泊3日にしてもらいました。子どもが喜ぶのならいいのかな、と』


「八方美人なのかも」という自覚がある投稿主さん。結局、断りきれなかったのですね。冬休みに甥っ子を迎え入れたことがお子さんの良い息抜きとなり、受験がうまくいくように祈っています。

文・鈴木麻子 編集・しのむ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ