「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

宇宙と秩序の花「コスモス」 お部屋に飾って女子力アップも

2019/9/7 12:00 コクハク

宇宙と秩序のお花「コスモス」(写真:東花園) 宇宙と秩序のお花「コスモス」(写真:東花園)

【笑う花には福来たる】

宇宙と秩序のお花「コスモス」(写真:東花園)

 夏の夕暮れにトンボが飛び始めると、だんだんと日が短くなり夏の終わりを感じてなんだか物寂しく、ちょっぴりセンチメンタルな気分になるものでございます。

 秋といえば何?と聞かれれば思うことは色々ございましょう。山の紅葉や一面のススキ野原。秋刀魚の焦げる匂いや街の美しい銀杏並木……。

 お花屋さんでは夏の終わりごろから秋の到来を告げるコスモスが店頭に並び始めます。ワタクシは夏の終わりに出回り始めるコスモスの花が店先で風に揺れるのを見ると、「スターウォーズ」オタクであるワタクシの実兄との幼いころの他愛のない会話をたびたび思い出すのでございます。

 昔の話ではございますが、この「スターウォーズ」オタクの小学生だった実兄が、当時必死の形相で見ていたテレビ番組がございました。

 それは天文学者カールセーガン監修のあの伝説的科学番組「cosmos」でございます。 宇宙(コスモス)を天文学者カールセーガンが優しい語り口で進行していく天文ドキュメンタリー番組でございましたが、かなり幼かったワタクシにとっては番組の意味なんぞ難しすぎて意味不明。

 おそらく小学生だった兄もあの必死すぎる形相だったということはやはり、ほとんど意味不明だったのではなかったのかと思われますが、そんなアホ兄妹でも不思議とわかることがございました。

 それは宇宙の呼び名がお花の「コスモス」と同じ名前だなんて、兄妹には計り知れないとてつもなく深いところできっとなんか繋がっているんだろうね、ということでございます。

そして、兄妹そろって意味のわからない番組論議の果てに導き出した兄の哲学的な答えが、「茂美さん、だから花はきっと宇宙なのかもしれないね」ということで、今回は宇宙と秩序のお花「コスモス」の解説でございます。

コスモスの大きな特徴は生命力の強さ

コスモスの雄しべと雌しべを見てみると…(写真:東花園)

 秋になると公園や野原に自生したコスモスのピンク色が風にユラユラ揺れて、秋の到来と共にイベント開催目白押しの季節がやってくるワクワク感で楽しくなってまいります。

 コスモスは漢字で書くと「秋桜」と書きますが、本来は「アキザクラ」と読みます。 ですが「秋桜」を「コスモス」と読ませたのは、あの有名な歌「秋桜」をつくった「さだまさし」さんであるということはご存知の方も多いはず。

 コスモスの花言葉の「調和」や「謙虚」なんて、まさに歌詞の中に出てくる登場人物の母娘像にちょっぴりリンクいたします。

 コスモスも実はさまざまな種類があり、従来のピンク色のみならず白や黄色、茶色や黒まであり、花弁の形状も多種多様。厳密に言えば開花時期も秋だけではなく入梅時にはすでに咲いております。

 コスモスの大きな特徴は、生命力の強さでございます。

 山の丘陵に広がる見事なコスモスの海はまるで夜空を点在する無限の星の美しさのようですが、そもそも外来種のコスモスの種子はメキシコからスペインへ渡り、やがてヨーロッパに広がった後、幕末に日本にやってきたとされております。

 スペイン語の「cosmos」は「宇宙」。秩序よく並んだ花弁が宇宙の秩序に似ている……とのことでございますが、ワタクシに言わせればそんなの他の花だって行儀良く並んどるわぃ!と突っ込みたくなるところでござんす。

 ですがコスモスの雄しべと雌しべを良く見ると気がつくことがございます。開花の時間経過と共にコスモス中心部分にそれは現れてくるのでございます。そう、宇宙が。

 開き始める雄しべの先に出現する小さな星々が秩序よくまるで調和の取れた宇宙を創造するかのように弾け飛んでいくのでございます。そしてそれは一輪の花を飛び出し、さらに大きな宇宙へと飛んで美しく広がる星々のようなコスモス畑をつくっていくのでございます。

 ひょっとしたら宇宙観(コスモス)とは、よもやこのことではあるまいか……とアホ兄妹の妹は思ったりしているところでございます。

コスモスパワーで女子力アップ&若返り

コスモスのしなやかな強さに憧れる(写真:東花園

 コスモスといえば薄紅色を連想いたしますが、コスモスの優しいピンク色は女性にとって全体運を上げるお色でもあり、女性ホルモンの流れを促す、いわばアンチエイジングのお色でございます。

 そもそもお花は飾ることで女性を若返らせると申しますが、生命力旺盛なコスモスはお庭に、ベランダに、そしてお部屋の中に置くだけでも女子力アップが期待されるのでございます。

 可憐な花でありながら生命力旺盛。風が吹いてもしなやかにしなり、揺れる姿は愛くるしくて、折れることなくまた元の姿に戻っては再び周囲に愛嬌を振りまく……まるでコスモスはバツグンの処世術を持つデキる女のようでございます。

 できることならワタクシもそんな女性になりたかったものでございます。過去形だけど。

 淡いピンク色のコスモスはぜひ北西に飾られませ。財政運が上がるやしれませんし、北に飾れば愛情運もアップするやもしれません。

 肝要なのは一輪のコスモスではなく、気持ち多めのコスモスをお飾りくださいませ。コスモス畑は無理でも、たくさんのコスモスがあなたの近くでパワーを注いでくれることでしょう。

 切り花を花瓶で飾られるあなた。コスモスの束をバサッと無造作に花瓶に投げ入れても素敵! 一気に秋の気配がお部屋に漂います。毎日のお水変えと切り戻しは忘れずに。そして細かい葉をあらかじめ取り除くのが長持ちの秘訣でございます。

 秋を感じるコスモスを飾って女子力アップ、若返りがあなたに図れますように……。遠いお空のむこうからお祈りしておりますよ~。

(斑目茂美/開運花師)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ