「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【インタビュー】乃木坂46 新体制で送る先輩×後輩トーク♪「乃木坂46、No.1の強がりは齋藤飛鳥!」

2019/9/4 12:00 ランキングBOX

【インタビュー】新内眞衣×筒井あやめ(乃木坂46) 新体制で送る先輩×後輩トーク♪「乃木坂46、No.1の強がりは齋藤飛鳥!」 【インタビュー】新内眞衣×筒井あやめ(乃木坂46) 新体制で送る先輩×後輩トーク♪「乃木坂46、No.1の強がりは齋藤飛鳥!」

新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」は、初の四期生の選抜入りに加え、9月1日の東京・明治神宮球場公演をもって乃木坂46を卒業した桜井玲香のラストシングルと話題てんこ盛り。そこで二期生の新内眞衣と四期生の筒井あやめが、それぞれの視点から“今の想い”を語る先輩×後輩トークを展開。慣れないインタビューで緊張する後輩=筒井と、それをさりげなく笑いでフォローする先輩=新内の微笑ましいやりとりも必見です!

■先輩、後輩が入り混じることで得られるシナジー効果!選抜メンバーが決定時の心境とは?

――「夜明けまで強がらなくてもいい」は、一期生から四期生までが選抜メンバーに初めて入ったシングル。それぞれ選ばれた時はどう思いました?
新内 四期生が選抜に入ってくるなっていうのは空気感的にわかっていたんですけど、新メンバーがいきなり入るのは「逃げ水」(2017年8月9日発売)以来2年ぶりで。今度はどんな風に変わるのか楽しみだなって思いました。
筒井 私たち四期生は自分たちが選ばれるとは本当に思っていなかったんです。だから、名前が呼ばれたときは放心状態というか。気持ちの整理も出来なくて、嬉しさよりもどうしようって…。
新内 選ばれるときは本当にわからないよね。私は初選抜になったのがグループに入って2年目だったから一期生の先輩とも結構仲良くなっていたけど、それでも緊張した。呼ばれた瞬間はどんな顔をしていいかわからなかったですもん。

――四期生にとって“先輩”はどんな存在で、どんな風に見えています?
新内 私も知りたい!どう見えている?
筒井 憧れでしかないです。
新内 そこに私、入っている?
筒井 もちろん!
新内 良かった〜。なかなか憧れられるタイプじゃないから(笑)。
筒井 初めて一緒に振り入れをした日は、先輩方が揃うと1日目なのに迫力がすごくて。どこを見ても尊敬するところしかなかったです。
新内 でも、私から見ると四期生は若くてかわいいけど、本当にしっかりしていて逆にすごいなって思います。それに、みんな乃木坂46が好きで入ってきてくれているから、私たちもそのイメージを崩しちゃいけないなと。

――“先輩たち”も改めて乃木坂46メンバーとしての自覚が出ると。
新内 出ますね。四期生の緊張が伝わってくるから、こっちもちゃんとしようって思います。

――MUSIC VIDEO撮影はどんな雰囲気でした?
筒井 いっぱいいっぱいでした。後ろから先輩方が見ているので、ずっと緊張しっぱなしで。
新内 MVって選抜発表後すぐに撮ることが多いんですよ。だから、初選抜の3人は本当にいっぱいいっぱいだったと思うし、実際そうだったから私たちもあえて話しかけなかった。監督さんから表情はこうとか、目線はこっちとかいろいろ言われるので、そこで私たちが下手に声をかけちゃうと振りとかが抜けちゃいますからね。
筒井 確かに撮影直後のこととかは、あまり覚えていないかも。記憶が抜けています。
新内 緊張しすぎて頭も疲れちゃったんだろうね(笑)。

■自身がつい強がってしまう瞬間とは?新内、筒井の対照的な発言に注目!!

――それくらい頑張ったってことですよね。新曲の歌詞も頑張り屋さんの“強がり”をテーマにしていますが、ふたりは思わず強がっちゃうことはありますか?
筒井 私は悩みを人に言えない。スタッフさんとか四期生のメンバーにも自分が今悩んでいるっていることを知られたくなくて、つい強がって平気なふりをしちゃうんですよ。
新内 かわいい〜。私はもっとしょーもないことを考えていました。

――どんなこと?
新内 友だちとよくバイキングに行くんですけど、つい無理をして食べすぎちゃう。最近は胃も小さくなって学生時代のように食べられないのに、友だちに「眞衣、今日はそんだけ?」って言われると、「いや、もっといけるし!」って強がって食べ物を取りに行っちゃうんですよ。

――それ、小学生男子のメンタルだから(笑)。ちなみに乃木坂46で一番強がりなメンバーは?
新内 (即答で)齋藤飛鳥ですね。乃木坂46、No.1の強がりさんで本心を出さないタイプだけど、強がりだということを実はみんなわかっているっていう。本人は多分それに気付いていないと思うけど(笑)。
筒井 私が強がりだと思うのは四期生のサク(遠藤さくら)。いつも平然としているので気持ちが読めないっていうか。強がっているのかもしれないけど、私もそういうタイプだから波長が合うんですよね。

――みんな少しずつ強がりながらグループのメンバーとして頑張っているんでしょうね。今回はそんな乃木坂46を卒業した桜井玲香さんのラストシングルでもありますが、どんな想いで受け止めていますか?
新内 メンバーの卒業は何度経験しても慣れないし、むしろ年々一緒に過ごしてきた時間が長くなっているので悲しみが深くなる。でも、これからは同じ目標に向かって頑張る仲間(メンバー)ではなく、友だちになれるなって思っています。
筒井 私は先輩方がいつ卒業されていくかわからないので、こうして一緒に活動できることが奇跡だと思っていて。それが出来るうちに桜井さんともたくさんお話をして仲良くなりたいですし、良いところを学んで吸収したいです。

文/若松正子

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ