「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「お菓子、もっとちょうだい!」図々しいわが子の友達。ママたちはどう出る!?

2019/8/31 13:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

おやつ、もっとちょうだい!
わが子に遊ぶ友達ができることは、ママとして喜ばしいこと。しかし、その友達のマナーの悪さに、ママの頭が痛いケースもあるかもしれません。ママスタBBSでは先日、「図々しい息子の友達に、腹が立つ」というトピックが登場しました。

『先日、小学校中学年の息子が家に友達を連れてきたので、クッキー・せんべい・オレンジジュースを出しました。1時間後、息子が「友達がもっとクッキーを食べたがっている」と言うので、残っていた分を出しました。
その後、再度息子が「もっと食べたいらしい」と言いに来て、「もうないと話して」と伝えたところ、「じゃコーラは?」と言われたようで……。私がその子に「ごめんね、コーラもない」と伝えると、「うちは何でも買ってくれるよ。買ってもらえないなんて可哀想だね」と言ったんです! こういう子、みなさんならまた家に上がらせますか?』


失礼千万な子どもに、ママたちはどう出る!?

礼儀知らずな態度をとられてしまった投稿者さん親子。ママが苛立つ気持ち、分かりますね(汗)。同時に、多くのママは「相手は、わが子の友達であること」や「まだ子どもであること」などを考え、慎重に対応していきたいと思うところでしょう。BBSでは、対応方法は大別して3つのパターンに分かれました。
その子の訪問を「拒否する」派
まずは、その子の訪問は断固拒否したいと考えるママの意見です。

『躾のなっていない子を家に上がらせたくないな~。私なら、出入り禁止にする』


『私も家に上げない。わが子には「よその家でそういう態度をとるのは良くないから」と説明する』


家にあげるけど「率直な気持ちを伝える」派
続いては、家に上げる派のコメント。よその子と言えど、マナー知らずな態度には毅然と立ち向かいたいという意見です。

『私なら家に上げるけど、自分の子どもと同じように接する。「何様!? どうして偉そうなの? 自分で買ってきなさいよ」と言う』


『また来たら「お茶しか出せないけど、それでいいならどうぞ」と嫌味ったらしく言っちゃうかも』


諭すように「マナーを教える」派
相手は子どもだから、単に礼儀が身についていないだけ、とうまく割り切るママもいるようです。最後は、苛立ちなどのマイナス感情は表に出さず、諭すように冷静にマナーを伝える方法です。

『私の姪の友達もそうだよ。私は怒りはせずに、相手の目を見て「よその家で、もっとお菓子がほしいとかは言わない方がいいと思う。その方が賢く見えるよ?」と話したら直ったよ』


『叱ったり邪険にしたりする必要はなくて、ただ普通に教えてあげたらいいと思う。わが子に教えるのと同じく、「よその家でお菓子を催促しない」などと伝える。「ぼくの家と違う!」という抗議には、「わが家はそのルールだから、うちに来るなら守ってね」の姿勢を崩さない』


”おやつ催促”には、実はこんな意味が潜んでいるかも?

何人かのママたちからは、対応の仕方以外にこんな推測も飛びだしました。

『お菓子が滅多に食べられないのかもよ。いつでも食べられる子ってガツガツしないと思う』


『私は昔、いわゆる”放置子”で同じことをしていた。大人の反応をよく見て、お菓子をもらいやすい家を2~3件キープしていた……』


なるほど……何かしらの理由で、自宅でお菓子が食べられないから、よその家でおやつに執着してしまうという事態もあり得るのかもしれませんね。

投稿者ママと息子の友達の「その後」


そして投稿者さんからは相談のあと、こんな報告コメントが届きました。

『またその子が来たので、優しめに「〇〇くんがみんなに嫌われないように言うけど、人の家に来てわがままを言うのは良くないよ」と伝えたら、「今日は我慢します」と言って家に上がりました』


投稿者ママ、息子さんの友達にしっかりとマナーを伝え、一応相手は了承した様子ですね。そして、コメントは以下のように続きました。

『その子が帰ったあと、息子に「今度は〇〇くんの家に行けば?」と提案したら、「〇〇くんのお母さんは夜に仕事をしていて、昼間は寝たいから、外に行くように言われるんだって」とのことで……その子を少し不憫に思ってしまいました。ただ、「今日は我慢します」など偉そうなところはイラつきますが(汗)』


一部のママが予想した通り、その子の親は息子にあまり目や手をかけていないのかもしれません。さまざまな家庭があることを目の当たりにすると、投稿者さんのように心は複雑な気持ちに覆われます。本当に、「図々しいわが子の友達」にどのように応じるべきか悩むところですね……。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ