「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

5G、アメリカで広がる

2019/8/30 12:00 ギズモード・ジャパン

Image: Sam Rutherford/Gizmodo US Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

羨ましい限り。

ついに海外にてスタートした、次世代通信機規格「5G」。アメリカでは、大手キャリアのSprint(スプリント)ニューヨーク市、ロサンゼルス、ワシントンDC、フェニックスで5Gサービスを開始しています。

もともと、今年前半に9都市で5Gサービスを開始すると発表していたSprint。スケジュールは若干おしていますが、その5Gネットワークが全米の主要都市にて2100平方マイルと1100万人をカバーし、他社をリードしているのは評価したいですね。

Sprintの5Gサービスはニューヨークにて、セントラルパークの南からバッテリーパークまで、そしてマンハッタンの下半分をカバーし、2020年に向けてさらに広い地域をカバーする計画です。

j9dfjapfp97huerzl7r0Image: Sprint via Gizmodo US

Sprintの5GネットワークはVerizonやT-Mobileとは異なり、アップストリームもダウンストリームも5Gで通信する「真の」5G通信。Ooklaのテストによると、Sprintの平均5Gダウンロード速度は203.8 Mbpsで、従来の4G LTEダウンロード速度(35.2 Mbps)のほぼ6倍だとSprintは主張しています。

技術的な話をすると、Sprintの5Gネットワークはバンド41(2.5 GHz帯)を利用しているので、Verizonのミリ波(mmWave周波数)による5Gネットワークよりも建物内へよく浸透し、屋内でも屋外でも使いやすいことが想定されます(その代わり速度はミリ波ほど出ない)。

さらに、Sprintは840ドル(約8万9000円)で「OnePlus 7 Pro 5G」の販売も開始しました。こちら、現在市販されている5Gスマートフォン(Moto Z2 ForceやMoto Z3と5G Moto Mod)などと比べても最安の端末です。

そして、Sprintは80ドル(約8,470円)の「Unlimited Premiumデータプラン」をアップグレードし、5Gデバイスのサポート、100GBのLTEモバイルホットスポットの利用、フルHDビデオストリーミング、Hulu、Amazon Prime、Twitch Prime、Tidal Hifiなどの無料サブスクも追加しています。

SprintとT-Mobileとの合併の進展は依然として不透明ですが、5Gサービスの素早い展開は日本から見ると羨ましいですね。

Source: Gizmodo US

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ