「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

常盤貴子&佐藤二朗がフランス・カンヌのワールドプレミアへ 仲代達矢主演の8K時代劇『帰郷』がアジア初『mipcom 2019』で上映

2019/8/28 23:19 SPICE

『帰郷』仲代達矢 『帰郷』仲代達矢

仲代達矢主演の時代劇『帰郷』が、現地時間2019年10月15日(火)にフランス・カンヌで開催される国際映像コンテンツ見本市『mipcom 2019』でワールドプレミア上映されることが決定した。
『帰郷』は、藤沢周平原作の同名小説(文春文庫『又蔵の火』所収)を、仲代達矢主演で映像化した作品。時代劇専門チャンネルが制作する、史上初の8K時代劇だ。
同作が上映される『mipcom』は、Reed MIDEM社がフランス・カンヌにて主催する世界最大級の国際映像コンテンツ見本市。毎年10月に開催されており、世界110か国から参加者が集う。近年では、ドラマ『X-ファイル』のリバイバルシリーズや、ゴールデングローブ賞にもノミネートされたベン・スティラー監督のドラマシリーズ『Escape at Dannemora』などがワールドプレミア上映された。2019年は、現地時間10月14日(月)から17日(木)の期間に、カンヌのPalais des festivals et des congrèsで開催される。

『帰郷』常盤貴子『帰郷』常盤貴子
『帰郷』佐藤二朗『帰郷』佐藤二朗

なお、『帰郷』はアジアの作品として初めて同見本市で上映。ワールドプレミア上映にあたり、キャストの常盤貴子と佐藤二朗、そしてメガホンをとった杉田成道監督がレッドカーペットに登場することが決定している。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ