「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

YOSHIKI、右手靭帯を損傷したまま過去最多12公演のディナーショーを完走「第二の人生をくれて、本当にありがとうございます」と感謝

2019/8/26 06:00 SPICE

8月25日(日)、YOSHIKIがグランドハイアット東京にてプレミアムディナーショー『EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO』の最終公演を開催した。
本公演期間中、ファンとの触れ合いによりYOSHIKIが右手首靭帯の状態を悪化させていたことが明らかになった。これを受け、8月11日の公演以降には、ファンへの注意を促す異例のアナウンスが行われる事態に。一時は公演の続行を心配する声も多くあがったが、 YOSHIKIは医師の指導のもと自身最多となる7日間全12公演を完走し、フィナーレを迎えている。


最終公演のステージに立ったYOSHIKIは、冒頭のMCで「12公演目を迎えることができて、今から泣きそうです。 」と感無量な様子を見せる。最後には「バンドを解散してミュージシャンを辞めようと思ったときも、みんなが無条件に応援してくれたから、今もこの舞台に立つことができています。第二の人生をくれて、本当にありがとうございます。 生きるからには、世界の壁を、俺らしくぶち壊してやろうと思ってます!」と涙を浮かべながらも、力強くファンに向けて喜びと感謝を口にした。


今年で6年目となった本公演は、YOSHIKIのこだわりが細部にまで詰まっていた。約3時間の公演では、天皇陛下御即位十年奉祝曲「Anniversary」や「ENDLESS RAIN」など名立たる名曲に加え、「新曲」も初披露。まだ発表されていない映画関連の楽曲であることも明かされている。演奏された数々の映画テーマ曲の美しいメロディに観客も酔いしれた。


生演奏以外にも、YOSHIKIMONOの新作ファッションショーや、牧阿佐美バレエ団とのコラボレーション、現在撮影中の自身のドキュメンタリームービー『Death Wish』のティザー映像も公開されるなど、盛りだくさん。YOSHIKIMONOについては、モデルが着用した新作について触れながら、「近いうちに発表がある」とほのめかす場面も。


また、yoshikittyは19曲にまで増やしてきたというピアノの演奏レパートリーの中から、 「Rusty Nail」、「Tears」、「WEEK END」など公演ごとに異なる楽曲を披露。さらに、“空中ドラムソロ”では、ドラム台がせり上がるという、東京ドームのライブを彷彿とさせる仕掛けで観客の度肝を抜いた。


X JAPANの代表曲「紅」では、ファンが照らす携帯のライトに包まれる中、会場が一体となり大合唱が起こる場面も。レーザーや、このショーのために会場に特別に設置されたライティングが飛び交う幻想的な空間で、ストリングスの音色と海外から来日したゲストボーカリストたちがステージに花を添えた。


そして、毎年恒例となったチャリティーオークションも実施。先日も、京都アニメーションに対して1,000万円の寄付を行い、「人を助けることで自分も救われる」と語るなどYOSHIKIはチャリティーに強い想いを持ち、長年のライフワークとして国内外問わず精力的に活動を続けている。今年のチャリティーオークションでは、全36点の自身の私物を出品。2日目の昼公演に登場したアレキサンダー・マックイーンのストール1点は、過去6年行われてきたオークションの中でも史上最高額となる530万円で落札された。
今年全12公演の落札総額は、過去最高額となる67,350,000円を記録。YOSHIKIが運営する、米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて全額寄付される。なお、これまでに開催されたチャリティーオークションの落札総額は237,070,000円にのぼっている。


会場には今年も多くのVIPゲストも来場。アニメ『進撃の巨人』の主題歌「Red Swan」をはじめとしたコラボレーションをともにするHYDEもディナーショーを楽しみ、 「セットにここまでお金を掛けて大丈夫なんでしょうか」「このディナーショーは想像を絶している。ここまでやる人はいない!」と絶賛。
ほかにも山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長)や、楽天株式会社三木谷浩史代表取締役会長兼社長、映画『アクアマン』プロデューサーのピーター・サフラン氏、Disney関係者、ベンチャー企業の経営者など、国内に限らず世界各国の人々がYOSHIKIのディナーショーを堪能した。アジアやヨーロッパなど海外からのファンも数多く訪れており、YOSHIKIは公演中のMCをほぼすべて日本語と英語の2か国語で行っている。
今年の一般先行抽選時には260倍という過去最高の競争倍率を記録し、 よりプレミア感が増し続けているYOSHIKIのプレミアムディナーショー。 マダム・タッソー東京で展示されている等身大の「YOSHIKIフィギュア」や、 YOSHIKI愛用のドラムとピアノ、 歴代のステージ衣装が展示された豪華なロビーには、 チケットを手にすることが叶わなかったファンたちも大勢詰めかけたほどだった。


また、楽曲をテーマとし、公演ごとに異なるコース料理や会場装飾もYOSHIKIが監修。 コースの始めには、グランドハイアット東京のアンドレアス・フックス総料理長により、 その公演のテーマ楽曲とそれにインスパイアされたコース内容について説明も行われた。 さらに、 YOSHIKIが手掛けるワイン「Y by Yoshiki」の新作も提供されている。

 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ