「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

悪質あおり運転、プロが教える“悪魔ドライバー”対処法

2019/8/26 06:00 日刊大衆

 日本中に衝撃を与えた「あおり運転事件」は読者の記憶にも新しいことだろう。2019年8月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転を行い、車を停止させた男が、降車して「殺すぞ!」などと叫びながら相手の車に歩み寄り、窓越しに数発、運転していた男性の顔面を殴打した傷害事件だ。

 一連の報道で犯人の宮崎文夫容疑者(42)は、今回の現場以外にも、愛知県の高速道路、静岡県の国道などでも、あおり運転をしていた常習犯だということも判明した。こんな“悪魔ドライバー”に遭遇したらと思うと、おちおち車の運転さえできない、と思うドライバーもいることだろう。

 そこで『週刊大衆』では、専門家3人に、その“対処法”を指南してもらった。

「そもそも、あおり運転とは車間距離を異常に詰める、幅寄せする、進路を譲るように強要する、追い回す、割り込んで急ブレーキをかける、不必要なハイビーム、パッシング、クラクション、さらに暴言や脅迫する行為を言います」こう解説するのは、あおり運転の映像事例に詳しい『(財)日本自動車研究所』(茨城県つくば市)の北島創主任研究員(博士=工学)。

 北島氏によれば、程度の差こそあれ、あおり運転の被害を受けた経験のあるドライバーは実に約7割とのデータもあるというから、まさに人ごとではない。そもそも、“悪魔ドライバー”は、どんな車に乗っている傾向があるのか。「保険会社の調査結果を統計的に見ると、セダンタイプで黒い車が約3割ともいわれます。これに対し、被害者側は丸っこいコンパクトカー、ハッチバックだったり、軽自動車が多く、色は白が多いようです」要するに、あおる側は自分より小さい車を標的に、あおり運転を仕掛けている傾向があるというのだ。

 一方、今、ネット上で多くのアクセスを誇る悪質ドライバーの情報投稿サイト『Number Data』では、約9000件の投稿を「車両」「車種」「ナンバー」別などにランキング表示。最も多く投稿されている悪質運転車両は軽自動車となっている。集計、分析の方法などに差があるため、どちらが正しいと一概には言えないが、どちらの情報も一つの参考にとどめておくのがいいだろう。

 このサイトのランキングを踏まえ、前出の北島氏は、「車種がプリウス、アルファード、ナンバーが1桁か8が複数あるものの投稿が多い傾向があります。地域に関していえば、人口が多い名古屋や大阪がランクインするのは当然でしょう。ただし、このデータを1万台当たりで見ると、ほぼ、どこの地域も1件程度ですが、つくばは4~5件となりやや高く、浜松、熊谷もやや高い結果になります」と分析した。

■あおり運転を行うドライバーの心理とは?

 次に北島氏は、あおり運転を行うドライバーの心理状況についても解説する。「あおる側は、日常のストレスを、あおり行為で晴らしているとも言われます。何度かあおり行為が成功すると、ストレス発散にあおり運転、という習慣がついてしまう。あおり運転自体は、直に人を殴るわけではないし、いざとなれば逃げることもできますから、行うのに抵抗が少ないんです。また、あおる人は心理学の専門用語で“敵意帰属バイアス”といい、自分の身に降りかかったことを、故意にやられたと過度に思い込む傾向があることにも注意が必要です」

 冒頭の宮崎容疑者も、被害者の車が遅く、進路を妨害されたと感じ、怒りを募らせたと供述している。これに対し、実は、あおられる側が悪魔ドライバーにあおる理由を与えていることもある、と注意を呼びかけるのは道路交通評論家の鶴田光秋氏だ。

「方向指示器を出さない急な割り込みや低速運転、急ブレーキを何度もかける、高速道路で追い越し車線をずっと走っているなどは、まさにあおる理由を与える運転と言えるでしょう。あおり運転を行う人も、何もしていない相手には、まず仕掛けません。なので、たとえ故意でなくても、あおる理由を与えないようにすることが重要です」

 運転初心者(ペーパードライバー)や、判断が遅くなりがちな高齢者ドライバーなどは、結果的に急な割り込みをしてしまうことが多くなるという。急ブレーキにしても同様だ。

 また、乗り慣れているドライバーでも、悪意なく急ブレーキを踏んでしまうことがあるため、常に安全運転を心掛ける必要がある。

「特に、他車との相対的な速度差を、いかに感じ取れるかが大切です。一般道でのっそり運転しているのもそうですが、高速道路の追い越し車線で、本人は120キロで走っているから問題ないと思っていても、もっと速い車からは遅い、故意に妨害していると思われてしまうこともあるんです。要するに、流れを読んで、車線変更をするなど、常に周りの環境に目を配ることが重要なんです」(前出の北島氏)

 現在発売中の『週刊大衆』9月9日号では、「あおり運転防止5か条」を紹介している。あおり運転は絶対に許されない危険行為。正しい対処法を知っておこう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ