「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

広島風お好み焼きは、生地のかわりに大量のキャベツを入れる理由。

2019/8/26 11:50 オリーブオイルをひとまわし

広島風お好み焼きは、生地のかわりに大量のキャベツを入れる理由。 広島風お好み焼きは、生地のかわりに大量のキャベツを入れる理由。

広島風お好み焼きは、何でも好きなものを重ねて焼いていくのが楽しみの1つだ。ここでは定番の具材5種のほか、アレンジ用の具材とダイエット向けの具材について紹介しよう。あれこれ組み合わせを試してみて、「わが家の定番具材」を見つけてほしい。

1.広島風お好み焼きの具材の変遷

広島風お好み焼きの特徴は生地の薄さ

関西風お好み焼きが「まぜ焼き」であるのに対し、広島風お好み焼きは「重ね焼き」だ。たくさんの具材に薄い生地を重ねていくため、具材の量は関西風のお好み焼きよりも必然的に多くなる。

生地が薄いかわりに大量のキャベツを

広島風お好み焼きは、大量のキャベツを使うのが特徴だ。それにはわけがある。広島風お好み焼きが始まったころの戦後の広島では、小麦粉が不足していた。少量の生地をキャベツで増量してお腹が膨れるようにということで、広島風お好み焼きのスタイルは始まったのだ。

モヤシでさらに増量

安価なモヤシも、少ない小麦粉でできた広島風お好み焼きを増量するための具材としてはうってつけだった。こうして、薄い生地・キャベツ・モヤシという広島風お好み焼きの基本形が完成したのである。

豚肉でタンパク質をプラス

とは言え、具材がキャベツとモヤシだけでは寂しいことは言うまでもない。そこに関西風のお好み焼きとも共通する具材である豚肉が加わり、広島風お好み焼きはどんどん美味しさを増していった。

中華麺が加わりボリュームアップ

豚肉が加わって栄養のバランスはよくなったが、薄い生地の広島風お好み焼きは、1食分の食事とするにはボリュームが足りない。そこで編み出された方法は、具材として中華麺をプラスするということだった。このように、広島風お好み焼きは完成されていったのである。

2.広島風お好み焼きの基本の具材

広島風お好み焼きに欠かせない具材は?

広島風お好み焼きの基本の具材と言えば、キャベツ・豚肉・中華麺・モヤシ・ネギが挙げられるだろう。そのほか本場では、天かすではなく「イカ天」を使うのが広島風お好み焼きだという人も、多いようだ。なお当然のことながら、広島では広島風お好み焼きのことを「広島風お好み焼き」とは呼ばず、ただ「お好み焼き」と呼ぶ。

広島風お好み焼きならではの具材は?

先ほど挙げた5種の具材以外に、広島風お好み焼きならでは、という具材がある。それは牡蠣だ。広島の名産として名高い牡蠣を、食べる人の好みによって、広島風お好み焼きに加えることもあるのだ。

3.広島風お好み焼きのアレンジ具材

子ども向きおすすめ具材ナンバー1は?

広島風お好み焼きのアレンジ具材として、おすすめなのはチーズだ。チーズは良質な動物性タンパク質やカルシウムをはじめ、育ち盛りの子どもに摂らせたい栄養を多く含んでいる。一般的な溶けるタイプのものはもちろん、少しクセのある種類のチーズも試してみよう。意外な美味しさの発見につながるかもしれない。

アレンジ具材1 モッツァレラチーズ

モッツァレラは、ピザによく使われるおなじみのチーズだ。クセがなくあっさりしているので、広島風お好み焼きの具材としてチーズを使うのが初めてだという方は、まずモッツァレラから試してみるとよいだろう。

アレンジ具材2 カマンベールチーズ

カマンベールは表面が白カビで覆われたチーズだが、青カビを使ったブルーチーズと比べればクセがない。そのうえ、中のとろっとしていてクリーミーな口溶けは、ほかに類を見ないチーズでもある。広島風お好み焼きの具材にしても抵抗がないばかりか、スタンダードな広島風お好み焼きとはまた違った風味を味わえることだろう。

アレンジ具材3 ブルーチーズ

フランスのロックフォールやイタリアのゴルゴンゾーラが有名なブルーチーズは、かなりクセのあるチーズだ。食べる人によって好みも分かれるだろう。だからこそ、好きな人はとても好きだというのが、このブルーチーズだ。広島風お好み焼きの具材として使えば、今までにない新しい味の世界が広がるのに目を見張ることだろう。

4.ダイエット中の人におすすめな広島風お好み焼きの具材

広島風お好み焼きの具材にはキムチ!

広島風お好み焼きの具材として牡蠣とチーズを紹介してきたが、最後に、ダイエット中の人におすすめの具材をご紹介しよう。それはキムチだ。なぜキムチがダイエットの味方になるのか?その秘密をお伝えしたい。

広島風お好み焼きにカプサイシン効果を

キムチには欠かせない唐がらしに含まれる成分として有名なのが、カプサイシンだ。カプサイシンには体を温め、血行を促進する働きがある。その結果、新陳代謝が活発になり、脂肪燃焼の効果も期待できると言われている。キムチを広島風お好み焼きの具材に加えれば、甘辛いソースの味にピリッと刺激が与えられ、美味しさも倍増することだろう。

広島風お好み焼きに乳酸菌効果を

発酵食品であるキムチには、乳酸菌も豊富に含まれている。乳酸菌には腸内環境を整える働きが期待できるので、ダイエットの心強い味方であると言える。

キムチの味付けを活かしてソースをオフ

キムチを広島風お好み焼きの具材に使ったら、好みによってソースをしょうゆに変えて食べるのもよく合う。あるいは、キムチの味によってソース類を100%オフすることも可能だ。こうすれば、さらにカロリーオフした食べ方となる。

結論

本場・広島では、広島風お好み焼きの具材として牡蠣を入れることもあるようだ。栄養豊富な牡蠣をぜひ一度入れてみて欲しい。ほかにも、チーズやキムチ入りの広島風お好み焼きも試してみよう。さまざまな具材を包み込んだ、豊かな味わいを感じてほしい。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント11

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ