「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

アラフォー女性たちに聞いた!「恋の失敗」から学んだ大事なこと4つ

2019/8/26 06:30 ウレぴあ総研

20代、30代とさまざまな恋を経験してきて、大人として熟成された心を持つアラフォーの女性たち。

うまくいく恋愛ばかりではなく、失敗したからこそ得た教訓には、一体どんなものがあるのでしょうか。

アラフォーになってまだまだ幸せな恋をしている女性たちに、「恋の失敗」で学んだことを聞いてみました。

「恋の失敗」がアラフォー女性に教えてくれたこととは?

1: 「甘えて当然」は通用しない

「若い頃は、彼氏に依存するというか『甘えて当然』という気持ちが強くて、相手に負担をかける恋が多かったなと思います。

でも、アラフォーになるとそんな女性だと気づくと男性はすぐに引いてしまうんですよね。仕事も忙しいし、精神的に自立できていない女性は足を引っ張るだけというか。

すごく好きな人がいたけど、『子どもっぽい女性は苦手だから』とはっきり言われたとき、いつまでも男性に頼ろうとしている自分に気がついて、依存ではなく支え合える女性になれるよう努力しています」(42歳/デザイナー)

好きな人には甘えたい、頼りたいと思いますよね。

ですが、いくつになっても「受け止めてもらうことが当然」の意識でいると、それを見抜いた男性は恋愛の相手として見てくれません。

依存ではなく、支え合うのが大人の恋愛。精神的に自立することは、何より自分の幸せのためといえます。

2: 「時間の無駄」と感じる恋はしない

「30代のとき、浮気症の男性と何年も付き合っていて、辛いけれど何とかこの人と幸せにならないと自分が報われない、と不毛な努力ばかりしていました。

そのときは気づかなかったけど、いざ終わってみたら何も残っていないし本当に時間の無駄で、さっさと次に進むべきだったなと反省しています。相手を恨む気持ちはないですけどね。

努力してもうまくいく相手ではないことがわかったら、潔く諦める勇気も大切だなと思います」(40歳/総務)

「辛い恋のもとを取りたい」と思うと、うまくいかないとわかっていてもつらい努力を続けてしまいがち。

でも、そんな気持ちがかえって自分を苦しめることになり、終わってみればただ時間を無駄にしただけ、なんて悲しいですよね。

自分を大切にできない恋は、身を引く勇気を持つことだって未来のために大切です。

3: 「時間をかけること」に余裕がないとダメ

「いわゆる草食系男子を好きになり、私がリードするお付き合いをしていたのですが、思い通りに振る舞ってくれない彼にイライラすることが多くて結局別れてしまいました。

でも、それから好きになった男性がいたけど今度は俺様タイプで振り回されてしまい、疲れたなと感じたときに『あの人もこんな気持ちだったのかな』とふと思い出して。

うまくいかせることに焦って相手の気持ちを考える余裕がなくて、せっかく両想いになれたのに馬鹿な付き合い方をしたな、と反省したけど後の祭りですよね。

彼とはもう会えないけれど、次は時間をかけること、心に余裕を持つことを忘れずにいようと思います」(38歳/販売)

好きだからこそ、「こうなってほしい」という期待を相手に抱きますが、本当に幸せなお付き合いをするなら相手の気持ちを尊重する姿勢が不可欠です。

自分の思い通りにしたいだけの恋は、相手の愛情すら無視してしまいます。

そこに気づけたからこそ、次の恋は時間をかけること、心に余裕を持つことを忘れない姿勢で相手と向き合うことができますね。

4.結果を気にするより、目の前の幸せを大切にする

「20代後半くらいから、どんどん結婚していく友人たちに焦って私も婚活を頑張っていました。

でも、いざ結婚相手を考えると年収や性格や家のことなどそのときは譲れないと思った条件がたくさんあって、結局いい人と出会っても『ここがダメだから』って選り好みばかりしていたんですよね。

どうしてうまくいかないんだろう、って当時は落ち込んでいましたが、今は結婚という結果を気にして目の前の相手のことをよく見ていなかったんだなとわかります。

今もゆるく婚活は続けていますが、まずは幸せなお付き合いができることを目指して男性と会うようにしています」(40歳/営業)

周りが結婚していくのを見ると、自分だけ独身のまま取り残されてしまうような焦りや不安を覚えますよね。

ですが、結婚がゴールになる恋は、条件ばかり先行してしまって肝心な愛情をおろそかにすることに。そして、そんな自分に気が付かない視野の狭さも問題です。

失敗してみて初めて、結果ばかり見てしまう自分に気がつくもの。まずは目の前の幸せを大切にする姿勢があれば、好きな人とも心の通い合う恋愛ができるといえます。

恋の失敗は、そのときはつらいし悲しいし、「どうして」と思うことが多いですが、時間が経てば自分の間違いや相手の不誠実さにも気が付きます。

その事実をきちんと受け止め、心の糧にしていく強さのある女性は、いくつになっても幸せな恋を手にすることができるのではないでしょうか。

40代でもまだまだ恋愛を楽しむ十分な時間があるからこそ、学んだことを活かす姿勢を持ち続けたいですね。

(mimot.(ミモット)/弘田 香)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ