「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「え、朝に?!」思わずOKしてしまった告白のタイミング9パターン

2019/8/25 09:00 スゴレン

「え、朝に?!」思わずOKしてしまった告白のタイミング9パターン 「え、朝に?!」思わずOKしてしまった告白のタイミング9パターン

告白の成功率を上げたければ、「タイミング」は重要でしょう。「え?いま?ここで?」と不意を突くような瞬間を狙えば、相手に考える隙を与えず「いいよ」と言ってもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「うそ!ここで来る?思わずOKしてしまった告白のタイミング」をご紹介します。

【1】朝、たまたま一緒になって、世間話をしながら歩いているときに

「1%も予想してなかったのでビックリ。思わず首を縦に振ってしまいました(笑)」(20代女性)というように、朝に偶然会ったときの告白はインパクトがあるようです。何の前触れもなく「ところでさ…」と切り出してみてはいかがでしょうか。

【2】聞きたいことがあってLINEで質問したら、その返事のついでに

「信じられない展開(笑)!でも嫌いじゃないしOKしちゃいました」(10代女性)というように、何気ないLINEのやりとりに告白メッセージをぶち込むのも効果がありそうです。「僕と付きあわない?」くらいシンプルなメッセージで、ストレートに切り込みましょう。

【3】予想もしていなかった場所で、偶然鉢合わせたときに

「なんだかドラマを感じてしまいました」(20代女性)というように、電車でたまたま隣り合わせるなど、ドラマチックなシチュエーションで告白するのも、女の子に刺さりやすいようです。運命的な何かを感じたのなら、勇気を振り絞って想いを告げてみてはいかがでしょうか。

【4】共通の友人の噂話をしていたら、いつのまにか自分たちのことになって

「うまく誘導されました(笑)」(20代女性)というように、他人の話題から、相手への告白に持ち込んでしまうのも、まさかの展開のようです。共通の知人が付き合いだしたときなどが狙い目かもしれません。

【5】ほかの誰かに電話しようとして、間違って自分にかけてきた流れで

「間違い電話で告白とかありえなくないですか?(笑)」(20代女性)というように、どさくさに紛れて募る想いを吐き出してしまうのもアリかもしれません。「頭の中がいっぱいで…つい…」と電話をかけ間違えた理由を説明すれば、告白の流れを作れるでしょう。

【6】元カレへの未練を打ち明けたら、黙って最後まで聞いてくれたあとに

「それでも私のことが好きなんだと思って…私、軽すぎ?と思いましたけれど(笑)」(20代女性)というように、ほかの男性への想いを散々聞いたあとの告白というのもパンチがあるようです。女の子が「聞いてくれてありがと」と話をまとめたタイミングがチャンスかもしれません。

【7】大勢で飲み会をしている最中、たまたま二人きりになった隙に

「急にマジメな顔で告白されて酔いがさめました(笑)」(20代女性)というように、皆でワイワイ盛り上がっている場でチャンスを狙うのもよさそうです。二人きりになれるタイミングがいつ訪れるか分からないので、飲み会には臨戦態勢で挑みましょう。

【8】残業帰りに一緒にラーメンを食べて、おなかいっぱいになって店を出た直後に

「深夜にラーメン食う女でいいのかな、と思いましたけど(苦笑)」(20代女性)というように、残業終わりの色気のないシチュエーションも意外性があっていいかもしれません。ただし、告白前に、ニンニク臭や歯の汚れには注意したほうがいいでしょう。

【9】駅の改札で別れがたい気分になり、最後に一度だけ振り返った瞬間に

「すっかり帰宅モードだったので、期待してなかったわけじゃないけどびっくりしました」(10代女性)というように、サヨナラを言ったあとに引き留めて想いを明かすのも胸を打つようです。二人きりになれたときは、最後の最後まであきらめず、想いを届けるチャンスをうかがいましょう。

不意打ち的な告白が彼女の心を射止めることもあります。告白シチュエーションにこだわることも大事ですが、一番大切なのは「とにかく気持ちを伝えること」なのかもしれません。(外山武史)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ