「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

松岡昌宏、「死役所」主演で“民放連ドラ制覇”でも原作ファンからは落胆の声!

2019/8/25 18:00 アサ芸プラス

松岡昌宏、「死役所」主演で“民放連ドラ制覇”でも原作ファンからは落胆の声! 松岡昌宏、「死役所」主演で“民放連ドラ制覇”でも原作ファンからは落胆の声!

 10月にスタートするドラマ「死役所」(テレビ東京系)でTOKIOの松岡昌宏が主演することが発表されたが、このキャスティングに異論が噴出している。

「死役所」は、同タイトルで「月刊コミックバンチ」に連載中の、あずみきし氏による人気漫画が原作。松岡は、様々な理由で亡くなった人の“行き先”を決める“死役所”の職員、“シ村”役を務める。

 漫画では、きゃりーぱみゅぱみゅや、広瀬すずなどの芸能人がSNSでその魅力を伝えていたのに加え、同作により松岡が民放ドラマ主演において全局制覇するなど注目度は高いが、一方でネット上であがっているのが、〈主演は松岡ではない〉という原作ファンの声だ。

「本来のシ村は、どちらかと言えば華奢な体格で顔もほっそりしており、性格的にも前には出ないキャラクター。それだけに、《ガタイが良すぎる松岡はイメージが合わない》とした指摘が多く上がっているんです。一方、ドラマ化するとした場合の話の中で以前から“ピッタリ”と言われていたのが、現在放送中の『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演する、俳優の野間口徹。確かに原作のシ村の外見からして、野間口をモデルにしたのではないかと思うほど似ていますからね。加えて、バイプレイヤーを上手に起用するテレ東だけに、野間口の起用でも何ら違和感はなかった。そのため、実写化を望んでいたファンの多くから《松岡じゃなくて野間口だろー》と落胆する声が広がっているんです」(テレビ誌記者)

 とはいえ、「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)でも難なく“女装家政夫”を演じ、その実力み見せている松岡。はたしてどんな結果をもたらすか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ