「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【セカンド女子】「どうぶつ保険証」に記された契約者名は女。彼の実家で飼う猫の本当の飼い主はダレ?~その1~

2019/8/24 11:00 Suits-woman.jp

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるクリニックで受付事務の仕事をしている西原聖子さん(仮名・37歳)。胸まである髪はゆるく巻かれていて、化粧の色味はあまりなく、アクセサリーも小ぶりなパールのピアスのみ。服装はアイボリーのマキシ丈ワンピースを着ており、フレンチスリーブからは色白で骨ばった長い手が見えます。サンダルやカバンなどはカジュアルブランドのもので少し地味な印象のある聖子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は長野県で、両親と3歳上に姉のいる4人家族です。家族仲は普通だと思います。姉妹仲は良くて、小さいの頃は2人で遊びに出ることもよくありましたし。でも1点だけどうしても嫌だったのが、姉の彼氏が家に入り浸っていたこと。姉はその部分がオープンで、やたらと家に連れてくるんです。高校生の時からで、うちの両親もまったく気にしていなくて、気づいたら一緒に食卓を囲むようになっていたり。それがずっと同じ人だったらいいんですが、急に相手が変わったりすることもあったんです。まったく危ない目には遭わなかったけど、お風呂上りもだらしない恰好で家をウロウロすることもできなくて、結構なストレスはかかっていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に、他クラスの同い年の男の子と付き合いました。彼とは2年生の時に付き合ったんですが、1年の時に同じクラスになって、そこからずっと好きだった子です。私から告白したきっかけは、彼が県外の大学を希望していたから。このままでは会えなくなってしまうんだなって思ったんですよ。うまくいってからは、よく一緒に勉強していました。カップルらしいことといえば、学校帰りに寄り道したり、夜電話を親に隠れてしたり、そのくらいです。私は姉のようになりたくなかったから、親に紹介することは一切なくて、彼ももちろん実家だったから2人きりになることはあまりなかったですね。結局彼とは受験がきっかけで別れることになったんですが、彼のおかげで私も東京の大学を目指すきっかけをもらいました」

聖子さんは高校を卒業後に、都内の大学へ進学。自身の成績よりもかなり上の大学を目指すことを条件に両親は折れ、見事に合格したことで東京での一人暮らしが始まります。

「私が高校生の時には姉の彼氏が自分の実家のように普通に家にいる状態で、私からしたら実家は安らげるものではなかった。東京に行くことを両親は大反対しましたが、説得を続けて、私の成績ではとうてい無理だった大学に行くならと条件を出されて。両親は記念受験のつもりだったんでしょうが、合格してみせました。

東京での一人暮らしは楽しくて仕方なかった。とりあえず、お風呂上りに裸で過ごすことの解放感を満喫しましたね(苦笑)」

飲み会で知り合った男性とは多くの共通点があり、意気投合

大学では同じサークルに所属する男性と付き合うも、どれも長く続くことはなかったと言います。

「大学で仲良くなった女友達に勧められて、他の大学と合同のテニスサークルに所属しました。そこで気になっている先輩ができて付き合ったんですが、浮気をされて破局。他にも飲み会で知り合った男性と付き合ったこともありますが、急に連絡が取れなくなり、そのまま疎遠に。私は明るくて社交的な男性がタイプなので、どうしてもそういうタイプはモテる。モテる人はセットで浮気もするっていう感じでしたね」

誰と付き合っても結婚まで進展しない中、飲み会で2歳上の男性と出会います。

「彼は都内出身で、23区内にある実家に住んでいるサラリーマンで、人材派遣の営業の仕事をしていると言っていました。友人主催の飲み会で、たまたま隣の席になって話をしただけで、私のタイプとは程遠い感じで、真面目そうで少しぽっちゃりしていて、声が小さい。まったく異性として意識していなかったんですが、彼のほうが私のことを気に入ってくれたみたいで、飲み会後に何度も食事に誘われました。そんな中で彼とは多くの共通点があり、次第にほだされていってしまったんですよね」

彼の実家で飼っているという猫。聖子さんも猫を飼うことになり、アドバイスを受ける中で2人は深い仲になるも……。~その2~に続きます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ