「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【難易度高い】「1人動物園」はアリ? ぼっちで東京・上野動物園に行ってみた!

2019/8/23 15:30 ロケットニュース24

ワイワイしていて、にぎやかなイメージの動物園。ほとんどの人が1度は行ったことがあると思う。子供の頃は家族で行ったりするが、大人になればデートで行ったりするだろう。老若男女問わず楽しめる、定番の人気スポットだ。

しかし、そんな動物園に1人で行ってみるのはどうだろうか? 複数人で行けば楽しいというのはもう承知のこと。ならば1人で行ってみるのも、案外楽しいのではないかと思うのだ。というわけで実際に行ってみたので、楽しめたのか居心地の良さはどうだったのかについて詳しく話していく!

・ほぼ居ない1人客

今回行ったのは、東京・上野動物園。全国的に有名な動物園で、中でもパンダは大人気である。しかもこの時期は、夏休みの影響で家族連れが非常に多い。チケット売り場の時点で、すでにワイワイしている空気感だったが、人に紛れながら1人でチケットを購入し入場口へ。

当然かもしれないが、周りに1人で来ている人はほぼ見かけなかった。飲食スペースやトイレの近くに行けば、誰かを1人で待っている人はいる。私が今回の検証で、唯一見かけた1人で来ていると思われる人は、カメラを首から下げた男性のみだった。

・1人動物園のメリット

しかし、楽しさや居心地は思ったよりも良かった!  その楽しさは、複数人で行くときとはベクトルが違う。複数人で行くときは、何かを見てそれを共感しあえるという、人同士の楽しさがある。一方1人だと、対動物になるのでじっくりと観察することができて、新しい発見があったりする

また混んでいる動物エリアでも、1人だと空いた場所にさっと入り込むことができた。なので、写真も良いポジションで撮ることができる! 私は写真がけっこう好きなので、パンダのあくびシーンや象が口を開けた瞬間を撮ることができて、内心テンションが上がっていた。

そして、人の目が気になることもあまり無かった! これは上野動物園だからかもしれないが、家族やカップル、そして外国人観光客もすごく多い。そのため客層はバラバラで混沌としており、1人で居ても浮くことはない。そもそも動物を見にきているので、人へは意識を向けていないのだと思う。

・1人動物園は体力がいる

園内のおよそ半分くらい見終えたあたりで、私は1人動物園の「デメリット」にやっと気付いた。1人だと1時間見れば飽きてくる。そして体力の消耗がハンパない……! 1人だと動物をじっくり見てしまうため、1時間見れば動物でかなりお腹一杯。もう十分見たと感じる。そして時期のせいもあるが、暑い中1人だとただただ疲労を感じていくのだ。

思うに、大きい動物園を全て見回ろうとなると、複数人の方が適している。話しながら、適当に動物を見るくらいがちょうど良い。1人だと動物の情報しかないし、移動しているだけのときは暇である。1人で暑さを感じながら歩いているとき、私は少しだけ虚しくなった。

・1人動物園はアリ

楽しみ方次第だが、1人動物園自体はアリだと思った! しかし1人で行くならば、全て回ろうと思わない方が良い。見たい動物をあらかじめ決めて、天候や気候とよく相談しながら行くと良いと思う。

また今回は、上野動物園だから人目が気にならなかったのかもしれない。もし1人動物園を考えている人がいるならば、家族やカップル以外に観光客が多そうなところをオススメする。あとカメラを首から下げておけば、写真のために来ている感が出て、ぼっちを格好良くカモフラージュできるなと思ったぞ! 意外とアリな1人動物園、試してみてはいかがだろうか。

参考リンク:上野動物園公式サイト
Report:mai
Photo:RocketNews24.

View this post on Instagram

昨日動物園に行ったんですヨ! . . やっぱり、可愛い! 動物は無条件にかわいく見えてしまう🐰🐨🐼🐻🐯🐮🐑🐴🐒🐗🐔 . . そしてけっこうパンダの良い顔撮れてる🙆 . . さいごの写真は、 よくみると私とパンダのツーショット✌ . . #動物園 #パンダ #ぞう #上野動物園

A post shared bymai(@toooo_mai) onAug 22, 2019 at 4:07am PDT

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント31

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ