「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

家の中がごちゃごちゃだけど片付け・掃除をやる気が起きない……一風変わったモチベーションの上げ方

2019/8/23 10:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

ベッドルーム

家の中が散らかっていると片付けなきゃという気持ちは湧くけれど、肝心のやる気がさっぱり出ない……。そんな経験はありませんか? 家族がいれば尚のこと、自分が片付けや断捨離をしても他の誰かがモノを増やすし、整頓してもまた散らかされるし! 誰かに指示するのも億劫になったりして。

片付けをする気になるよう、背中を押してほしいという投稿がありました。

『やる気がなさすぎて洗濯物は取り込んでも畳まず、おもちゃがとっ散らかり、掃除機もかけていない。頭の中ではやらなきゃと思うけど思うように身体が動かない。こういう時、どうしたらやる気が出るの』


暑すぎる日、寒すぎる日、旦那や子どもが家にいる日。家庭内での片付け主担当が、ひとたび「片付けるのめんどくさい」と思ってしまえば、家の中は全然片付かないのですよね……!

片付けをしたいけれど気持ちが乗らないとき、皆さんはどんな方法でやる気を出していますか?

妄想……ではなく想像力で片付けのやる気を強引に出す

『気になるなら、お客さんが来る妄想設定で動く。すごく綺麗になる』


『松〇桃李が来ると思い込む』


『ヨネ〇ケのお宅訪問設定を想像して、片付けしました(笑)』


『素敵な奥様が家事のコツを教える、みたいなテレビの取材が入ってるという設定で家事をやってみる』


片付けのやる気を出すコツは「来客があると思い込むこと」。好きな芸能人が来る、自宅へ取材が入るなどと思えば、途端にやる気が出るものなのだとか。ママ友や義母がやってくる設定でもいけそうですが、ありえないシチュエーションだと、どこからともなくやる気がやってきそうですね。

『あそこの山の中に虫がいると思えば片付けたくなるもんだよ』


来客が人間でなくても大丈夫なようです……?

誰か・何かに片付けのやる気を引き出してもらう他力本願方式


何かを利用して、自分を盛り立てる方法。いろいろありますね!

『私も似たような感じ。やる気の元は、どこにあるんでしょう(笑)。昨日から頑張って洋服の断捨離から始めてるよ。あなたも一緒に頑張ろうよ!』


『私は旦那が動いた時に便乗して片付ける! 子ども達は私の言うことは聞かないけど旦那のことは怖いから片付ける(笑)。こういうのを利用しなくちゃだね』


『とことんグチャグチャにする。そうすると自然に嫌気が差し、スイッチを入れざるを得ない』


『アプリでキレイな家を片っ端から見る』


片付けをやりたくなる気持ちはいつか起こるものだと信じる、だけ

やる気がないときには本当にやる気がないまま、しかし反動でいつかはやる気が出るもの。片付けが効率よくできるのは無理やり作業を行うときではなく、やる気が自然に出たとき。他にやりたくないことが見つかったら、片付けをやる気になることがある。これもまた人として自然の成り行きでありましょう。

『急にスイッチ入る時ない?』


『どっかに押し込みコーナーを作っておいて、全部押し込んどく。スイッチが入った時にサーッと片付ける』


『家族が平気ならやる気が出るまでゆっくりしても良いと思う。きっと、今だけでしょ? 急に、やらなきゃ! ってスイッチが入るから大丈夫!』


『やる気が出た時に物を減らした方がいいよ』


最後にリズミカルな名言を。

『無理しない。追い込まない。多少のごみ屋敷でも死にやしない』


個性のある、やる気の出し方の数々でした。やる気が出るなら良し、やる気が出なくてもそれはそれで良し。ダメなときはダメときっぱり諦めれば、次に片付けをやる気になったときにはぐっと効率が上がる……かもしれません。

文・しらたまよ 編集・しのむ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ