「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

気を抜けば命に関わる危険も。「善意には責任が伴う」当然の理由

2019/8/23 21:45 まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース まぐまぐニュース

「良かれと思ってやったことが裏目に出る」というケースはままありますが、教育の現場においてそれは命にかかわる重大事故につながりかねません。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では現役教師の松尾英明さんが、子供の教育に関しては、たとえ善意があっても失敗は許されないと論じ、欠かせない危機管理と3つのマネジメントを紹介しています。

善意には責任が伴う

善意には責任が伴う」という言葉に出会った。大学での、危機管理に関する授業中である。

学校の様々な特別対応」。昔はなかったものが、かなりある。今は、「当然」のこととして、様々な新たな業務が、日常的に行わている。学校として、できれば「より良い」もの、あるいは、みんなと「同じ」状況を提供したい。そんな思いがある。この流れの根幹にあるのは子どもへの善意である。

しかしながら、善意には責任が伴う。特に危険を伴うあらゆることを特別対応として行う場合徹底する必要が出る。この「徹底」というのは、いうほど簡単なことではない。

普段の教育の世界における「失敗してもいい」という価値観は、ここでは全く通用しない。人命がかかっているたった1つのミスで完全にアウトという可能性のある世界である。まさに「危機管理」である。これが毎日の対応であれば、日々危ない橋を渡るような緊張感をもつ必要が出る。

「忙しい」という状況は、ここに致命的なミスをもたらしかねない。ばたばたしていると危機を見過ごす。「うっかり」では済まされない恐ろしさがある。しかし、学級担任が「忙しくない」という状況も考えにくい。常に危機管理に直面している状況である。

そういう覚悟をもって、3つのマネジメントが必要であるという。

リスクマネジメント→未然防止クライシスマネジメント→事故対応ナレッジマネジメント→知の共有化

の3つである

書き出してみると、学級経営そのものに相通じるものがある。事故が起きてからのクライシスマネジメントというのは、結局応急処置でしかない。そこのナレッジマネジメントからのリスクマネジメントという流れの、根本的な改善が望まれる。過去何度も書いている「失敗学の大切さである。重大な失敗、事故ほど、起きる前によく知っておく必要がある。

話がやや逸れた。善意には責任が伴う。以前紹介した「恩恵は権利に変わる」という話とも関係する。一度善意で何かをやると決めたからには最後まで責任をもつ覚悟が必要である。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ