「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

彼女の「○○すぎる」手料理への上手なクレーム9パターン

2019/8/23 18:00 スゴレン

彼女の「○○すぎる」手料理への上手なクレーム9パターン 彼女の「○○すぎる」手料理への上手なクレーム9パターン

彼女が一生懸命作ってくれた料理には、なかなか文句を言えないもの。とはいえ、極端に量が多すぎたり味が濃すぎたりするなら、機嫌を損ねない上手な言い方で、要望を伝える必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性141名に聞いたアンケートを参考に「彼女の『○○すぎる』手料理への上手なクレーム」をご紹介します。

【1】量が多すぎる料理に「こんなに食べたら幸せ太りしてまうやろー!」

「あくまでホクホク顔で『これは多すぎだよお』と困ってみせる!」(20代男性)というように、食べ切れないほどの料理を前に「嬉しい悲鳴」をあげる方法です。「幸せ太り」などのポジティブな言い回しを使えば、クレームっぽさはさらに薄まりそうです。

【2】量が少なすぎる料理に「めちゃめちゃウマイ!おかわりないの?」

「『おいしい!もっと食べたい!』って褒めまくったら、むしろ喜ばれるかも」(10代男性)というように、「味の良さ」を強調して、量に対する不満をカモフラージュする方法です。実はそれほどおいしくなくても、高めのテンションで相手を乗せてしまいましょう。

【3】味が濃すぎる料理に「メシ何杯でもいけちゃいそうな味だね」

「『酒が飲みたくなる』と言ったら、しょっぱいって気づいてもらえそう」(20代男性)というように、ごはんやお酒を欲して、味の濃さをアピールする方法です。「ビールならあるよ」などと主旨を誤解されたら、今後のためにきちんと説明し直したほうがいいでしょう。

【4】味が薄すぎる料理に「この味付けは…俺の健康を気遣ってくれたのかな?」

「『わざとだよね?』と確認するような感じだと、謙虚でいいのでは?」(20代男性)というように、「薄味なのは自分への思いやりだろう」と早合点してみせる方法です。単に味付けに失敗しただけだとしても、とにかく味が薄いことはわかってもらえそうです。

【5】肉が少なすぎる料理に「肉を食ったほうが筋トレの成果が出やすいかも」

「あくまでこっちの都合で頼む形にする」(20代男性)というように、個人的な理由を持ち出して、肉食の必要性を主張する方法です。出任せを言っても効果はありそうですが、実際にトレーニングして成果を見せたほうが、喜んで協力してもらえるでしょう。

【6】甘すぎる料理に「おいしいけど、ごはんにはちょっと合わないかなー」

「『これはこれでアリ!』と認めつつ自分の好みを伝えれば、批判っぽくならないと思う」(10代男性)というように、誰も悪者にならない言い方で自己主張する方法です。「好みの問題だけど…」と相手に非はない前提で話すのがポイントかもしれません。

【7】品数が少なすぎる料理に「これに副菜が2品と味噌汁が付いたらもう完璧!」

「『こうしたらもっとよくなるかも』と控え目に意見する」(20代男性)というように、アドバイスの中に注文を紛れ込ませる方法です。ああしろこうしろと言うだけではムッとされそうなので、目の前の料理を十分褒めてから助言するとよさそうです。

【8】色彩が地味すぎる料理に「ばあちゃんの手作り弁当を思い出すわあ」

「ストレートに『茶色っ!』とか言ったら睨まれるから、表現をぼかすとよさそう」(20代男性)というように、あえて伝わりづらい言い回しで、料理の特徴に気づかせる方法です。勘のいい彼女の場合は、ほのめかす程度の表現から始めると安全でしょう。

【9】マズすぎる料理に「大丈夫!俺が作るものよりは多少マシ!」

「料理が苦手だと聞いてたから、ウマイ!って喜ぶのは嘘くさい気がして…」(10代男性)というように、思い切って「おいしくはない」と認めてしまう方法です。その上で彼女が励まされるような一言を付け加えれば、いい雰囲気で締めくくることができそうです。

低姿勢を心がけながら注文をつけるとよさそうです。次のときに改善されていたら、忘れずに感謝の気持ちを伝えましょう。(安藤美穂)

【調査概要】
期間:2015年4月7日から14日まで
対象:合計141名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ