「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【浮気事件簿】妊娠8か月の妻をよそに夫が不倫!?帰省浮気に激ヤセ妊婦の復讐計画~その1~

2019/8/22 17:00 Suits-woman.jp

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、坂口優芽さん(仮名・34歳)。現在妊娠8か月、お盆休み実家に帰った後、夫の様子がおかしいと、カウンセリングルームにいらっしゃいました。

残暑が厳しい日に、大きなおなかを抱えていらっしゃった優芽さんの手足は、折れてしまいそうなほど細いく、顔はげっそりとしていて、心労のほどが伺えます。妻が妊娠中に浮気する男性は多いのですが、どれだけ妻とお腹の子供に負担をかけているか、想像すれば他の女性と不適切な関係になれないはずだ、と改めて感じました。

大きな瞳を真っ赤にして、時々涙を流しながら、優芽さんは旦那様の浮気について話し始めました。

「5歳年上の夫が浮気をしています。結婚5年で待望の赤ちゃんを授かったのですが、不妊治療を3年間続けていたから、もう私のことは家族としか見られないと言われていました。妊娠を告げたときに、喜んではくれたのですが、『俺の生物としての役目は終わった』と本当にうれしそうに言ったときから、夫婦仲はぎくしゃくし始めました」

もともと、旦那様は食欲や睡眠欲など、生理的欲求が強い傾向があったと続けます。

「そういうところが少年っぽくて好きでした。きちんと食べて寝るから、仕事の集中力もすごくて、勤務している大手メーカーでは、早くも幹部候補になっています。ただ、妊娠は思い通りにいかなかった。妊活となったとたんに、“義務”になり、生理的欲求ではなくなったみたいで……この3年間、本当につまらなそうにしていました。だから、義務を果たした今は、自分の生理的欲求を満たすために、羽を伸ばす可能性があるのです」

聞けば結婚してから5年間、浮気の気配は3~4回あった。

浮気をしたのは、今回が初めてではありませんでした。

結婚してすぐ専業主婦になってしまったので、夫にはあまり強く言えないのですが、いろいろありました。浮気を確信したのは、夫がタバコを吸い始めたこと。妊活中の3年間は、受精の可能性を高めるために禁煙をお願いし、約束していました。これからも子供のためにタバコは吸わないと言っていたのに、帰省してからタバコの匂いをさせて帰宅することがよくありました」

自宅では吸えないから、職場や飲み会で喫煙してくる人は少なくありません。

「タバコのことを伝えると、いきなり離婚を切り出してきたんです。理由を聞くと、『そういう細かくて自己チューで、俺のすべてを支配するような性格が本当に嫌だ』と言って、出て行ってしまったんです。それが3日前のことで、私のLINEもブロック。会社には行っているようですが、ウチに帰ってくる気配はありません。帰省の前まではあんなに仲が良かったのに……」

それまで旦那様は「家が落ち着くし、眠くなるから」と言い、24時前には家に帰ってきていた。

「帰省してからは、終電帰宅になることもしばしばありました。夫の実家は静岡県なので、もし、女性の家にいるとしたら、新幹線での通勤ができない距離ではない。たぶん、夫は女性の家にいるのだと思うんです」

今回、私たちに調査を依頼したのは、お腹の子供のため。

「私がみるみる細くなっていくのを心配してくれた、フラワーアレンジメント教室のお友達が、『私の夫が浮気して相手の家に住んでいた時に、探偵に見つけてもらったわよ』と言っていて、こちらを教えていただいたのです。結婚5年間、毎月の家計を預かっているとはいえ、夫は浪費が激しく、妊活も大変だったのでほとんど貯金もできていません。このままでは私も出産後に路頭に迷うどころか、出産費用もままならない可能性があります。生まれてくる子供と私が貧困になるのだけは避けたいのです」

優芽さんの実家は東京都八王子市にありますが、さほど豊かではないと言います。

「独身時代に貯めた少々のお金がありますが、それには手を付けたくありません。あの調子だと、夫は強硬的に離婚をする可能性があります。それならば、きちんと責任をとっていただきたい。そのためには、夫が浮気をしている証拠が必要です。慰謝料と養育費を、ガッツリもらって、少なくとも子供を保育園に預けて私が働けば、人並みな生活ができるような体制を整えたいのです」

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

妻の留守中に女性を家に招き入れた!?クズ夫の鬼畜っぷりに妊婦の妻が復讐を計画~その2~に続きます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ