「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

医学博士がレクチャー! ピーナッツの栄養を吸収する医学的な食べ方

2019/8/22 16:09 FYTTE

医学博士がレクチャー! ピーナッツの栄養を吸収する医学的な食べ方 医学博士がレクチャー! ピーナッツの栄養を吸収する医学的な食べ方

薄皮つきで食べることがなによりも重要

ピーナッツ

「まず、必ず薄皮つきで食べることがなによりも重要です」と井上教授。

「ピーナッツは、茶色い薄皮にこそ、たくさんの栄養素が含まれているからです。赤ワインの成分として有名なポリフェノールのレスベラトロールもたくさん含まれていて、心臓や血管の衰えに効果があるといわれています。薄皮をむいて食べている人もいると思いますが、すごくもったいない。薄皮のないバターピーナッツもポリフェノールはゼロです。これからは薄皮をむかずにそのまま食べてください」

食べる量は「毎日30粒ずつ」がおすすめだそう。

「ピーナッツ30粒で約2.5gの食物繊維がとれます。健康にいいといっても食べすぎは要注意なので、1日10粒くらいからはじめて、問題がなければ30粒まで増やしていくといいでしょう。30粒だと約180キロカロリーで、おにぎり1個分です。カロリーが気になる人は、そのぶんのご飯を減らすようにしてみてください」

さらに、朝一番に食べるようにすると脂質や糖質の吸収を穏やかにするので、肥満の防止にも効果が期待できるのだとか。

「それと、人の体は朝起きてから正午に向けて酸化度が上がっていきますから、早い時間に抗酸化物質をとったほうが効果的です。ピーナッツは抗酸化作用がありますから、朝早く食べると酸化防止の効果が高いというわけです」

井上教授が食べている“酢ピーナッツ”を紹介!

酢ピーナッツ

井上教授ならではのピーナッツの食べ方があるというので教えてもらいました。

「私は“酢ピーナッツ”にして食べています。作り方は、フタのある容器にピーナッツを入れて、ひたひたに浸かるくらいのお酢を加えて漬けるだけ。お酢は傷まないのですが、酸化しないように夏は冷蔵庫に入れています。漬ける時間は短くても長くても栄養的には変わりません。すぐ食べてもいいのですが、2日以上おくとやわらくなって、味もなじんで食べやすくなりますよ」

暑い季節は、お酢のクエン酸が夏バテ防止にいいのだとか。

「有機酸のクエン酸が入っているので、夏バテでたまった乳酸を排泄してくれるんです。私は疲れたなと思ったら、この酢ピーナッツを食べていますね」

ピーナッツをそのまま食べればOK。それ以外に、ピーナッツをサラダに乗せたり、お酢に黒こしょうと塩を加えてビネガー代わりにして野菜を食べたりするのもおいしいそうです。

書影

参考書籍
『ハーバード大の研究でわかった ピーナッツで長生き!』

取材・文/小高希久恵

【イベント】AYAさんも出演!FYTTE主催「The Fit & Wellness Live 2019」でワークアウトを楽しもう!

美ボディを目指したい人は、9月7日に開催するFYTTE30周年記念の女性限定イベント「The Fit & Wellness Live 2019」にGO!

人気のクロスフィットトレーナー・AYAさんによる追い込み系ワークアウトをはじめ、ヨガや最新フィットネス・BREAKLETICS(ブレイクレティクス)を体験できるビッグフィットネスイベント。スポーツビューティに関するトークショーやスポーツ時にオススメのドリンク・フードの試食も楽しめます!

イベントサイトはこちら
https://fytte.jp/feature/event/
チケットお申し込みはこちら
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j04610c0fc3.html

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ