「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

悲惨な医療ミス! 赤ちゃんの男性器の先端が切れ母が怒りの提訴

2019/8/21 09:21 しらべぇ

(XiXinXing/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生まれて間もない赤ちゃんが両親に伴われ訪れたクリニックで「ある手術」を受けたが、それが失敗。赤ちゃんの男性器の先は無残にも切れ落ち、今も変形したままだ。「息子が苦悩する日が来るのでは…」と心配する母親が、医師を提訴した。

■赤ちゃんに降りかかった悲劇

カナダで暮らすある夫妻が、昨年11月に生後9日の息子を連れてあるクリニックを訪れた。カナダではごく普通に行われている割礼を受けさせるためだったというが、待合室にも響きわたった息子の泣き声に母親はゾッ。

時間もかかり「どうしたことか」と不安に思っていたところ医師が待合室に入り、「問題が起きました」「別の病院に搬送するため救急車を手配します」と宣告した。

このとき医師は「インターンが割礼を行いました」と夫妻に話し、「包皮のみならず男性器の先端部も一緒に切除してしまった」という話に夫妻は愕然としたという。

関連記事:「こんなところにミイラが!」 亡き母の家を掃除中だった息子が震撼

■「接合は不可能です」

すぐに別の病院に搬送された赤ちゃんだが、新生児だったこともあり「切れた先端部の接合は不可能」という診断が下ったとのこと。

傷口の縫合には成功し機能的にも問題はほぼないとみられているが、先端がない男性器は傷が癒えた今も変形したままだという。

■先端部分は冷凍…

怒りに震える母親は、切り落とされた男性器の先端部を「保存すべく冷凍室に入れた」とのこと。

その理由については「なぜ僕の男性器はこんな形なのか」と息子が不思議に思う日が来るかもしれないからだと話していることから、説明の際に冷凍した部分を使う予定のようだ。

■両親を批判する声も…

家族はこの件で医師を提訴し賠償金を求めており、それなりのお金が得られれば「将来、男性器の形成手術費用の足しにしてやりたい」と話している。

この母親が受けたショックはひたすら大きく、「将来息子が人と自分を比べて劣等感をいだかぬよう願っています」ともコメント。しかし世間からは「そもそも赤ちゃんに割礼は必要だったのか」という声も上がっており、意外にも医師だけでなく両親を責める声も多い。

良かれと思ってクリニックに連れて行った両親だが、赤ちゃんがいつの日か「なぜこんなことを…」と責めるのは、医師だけではない可能性もありそうだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ