「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

リビング収納は空間を無駄なく使う!100均アイテムと指定席でスッキリ!

2019/8/21 22:15 オリーブオイルをひとまわし

リビング収納は空間を無駄なく使う!100均アイテムと指定席でスッキリ! リビング収納は空間を無駄なく使う!100均アイテムと指定席でスッキリ!

リビングは家族のものがあふれている場所だ。せっかく収納家具をおいているのに、気づいたら散らかってるとお悩みの人も多いだろう。新しく大きな収納を買い足さなくても、今ある家具、空間を有効活用しながらリビングを片づけるコツを紹介しよう。

1.リビングをすっきり片づけるコツは指定席を与えること

リビングは個人の場所ではなく家族みんなで使う、共用スペースだ。子どものランドセル、学校のプリント、パパの読みかけの雑誌、お母さんのカーディガンなど、個人のものがバラバラと置いてあるとあっという間に雑然としてしまう。

そのため、まずは自分のものは自室に持ち帰るという習慣をつけてみよう。個人のものをなるべく置かないというのが散らからないコツだ。もし買ってきたものなどを一時的に置いておきたい場合には、カゴやボックスを使って「一時収納場所」を作っておくとよい。一箇所にまとめておくと散らかるのを防ぐことができる。

また、リビングが散らかる理由として、ものを置く定位置が決まっていないということがある。ティッシュやテレビのリモコンなど、リビングにあるものをどこに置いておくべきなのかを決めておき、使ったら必ず元に戻すという習慣をつけると散らかりにくくなる。それぞれのものの位置を先に決めておくのがすっきり片づけるコツだ。

またリビングをよく見回してみると、リビングに関係のないものや、あまり使っていないものまで雑然と置かれていることに気づくのではないだろうか。例えばダイレクトメールや取扱説明書、お菓子、ペンや爪切りなど、細々したものは指定の場所を与えて整理整頓できる仕組みを組むとすっきりする。普段それほど使わないものは特に指定の収納スペースを決めておく、リビングに置くべきものとそうでないものを選別するというのも片づけのコツである。

2.リビングの収納は使いやすさで選ぶ!壁面も有効活用

リビングにあるサイドボードなどの収納をもう一度見直して、空間を有効活用するということを考えてみたい。収納の奥まで無駄なくスペースを有効活用するには、キャスターつきのワゴンやラックがとても便利だ。移動させるのも楽だから掃除もしやすい。

その上にまだ空間があるなら、突っ張り棒などを使って棚を作ることもできる。それほど重くないものなら収納できるので余っている空間をしっかり使おう。扉の内側は盲点になりがちだが、フックをつければあっという間に収納空間になる。掃除に使うハンディモップなどを引っかけておくと取り出しやすくて便利である。

リビングの壁面が空いているなら、その空間も有効活用しよう。有孔ボードを使用して壁面収納を作れば、壁全体が収納場所になる。壁に収納スペースができれば床にものを置かなくて済み、物がすぐに取り出しやすく、掃除もしやすい、部屋全体を広く見せることができるというメリットがある。

また、お気に入りの雑貨や観葉植物、雑誌などを見せる収納としておいてしまえばリビングもおしゃれに見える。最近では有孔ボード以外にもディアウォールなど、壁を傷つけずに簡単に設置できる壁面収納もあるので、リビングに合うデザインのものをぜひ探してみてほしい。

3.リビング収納改革は100均アイテムで気軽にチャレンジ

リビングの収納を変えたくても、新しい家具を買ったり、DIYを行うことはハードルが高いという場合は、100均アイテムを活用して気軽にチャレンジしてみよう。

例えば100均には、収納や引き出しの中をキレイに整理できる仕切り板やプラスティックのボックスなど使いやすいアイテムがたくさんある。これらを利用すればペンなどの細々としたものもすっきり収納できる。学校の書類など大きさのあるものはファイルボックスや引き出しタイプの収納を使うことで一箇所にもまとめておける。どこに誰の書類をしまう、と決めておくと、それだけで散らかりづらい仕組みができる。

また100均のボックス類は種類が豊富なので、リビングの色やテイストに合わせて選ぶことができる。例えばダイソーのスクエア収納ボックスは収納力がたっぷりで落ち着いた色合いが人気だ。ピンク、ライトブルー、オフホワイト、マスタード、ホワイト、ダークグレーの6色が展開されているが、質感がマットなのでリビングに溶け込みやすい。大きさは小、中、深型と3種類あり、小以外はふたと本体が別売りになっている。ふたをつければ、中身を隠しながら重ねて収納することもできる。

他にも、おしゃれなペーパーボックスとしてセリアのプレンティボックスがおすすめだ。組み立てて使うタイプのボックスで、コミックサイズから A4サイズまで5つのサイズが揃っている。100均のペーパーボックスとはいっても非常に丈夫な作りなので、重ねておくこともできる。箱のデザインがオシャレなので、リビングにおいても違和感がないだろう。乱雑な雰囲気になりやすいコード類もこのボックスにひとまとめにしてしまえば見た目もすっきりする。

結論

家族の持ちものが散らばりがちなリビングは、まず置くべきものとその定位置を決めたうえで、使ったら片づけるようにするのがすっきり収納する基本である。また、まだ余っている空間があるならば、100均アイテムなどを上手に使って無駄なく使っていこう。オシャレにラベリングするなど、工夫を凝らしてみるのも面白いだろう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ