「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

元気になれる! 働く女子が食べたいカレー

2019/8/21 16:50 シティリビングWeb

元気になれる! 働く女子が食べたいカレー 元気になれる! 働く女子が食べたいカレー

city.living.jp

city.living.jp

暑くて食欲がイマイチなくても、不思議とそそられます。大阪発のスパイスカレーブームが、名古屋にも到来です。オフィス街のオリジナリティーあふれるカレーをお昼に食べて、午後も元気に頑張ろう!

ナゴヤスパイスカレーNORA


city.living.jp
メインは3種類あるチキン、キーマ、フィッシュから1種選び、サイドカレーは2種類あるダル(ネパールの豆カレー)もしくは、サンバル(南インドの豆と野菜のカレー)から1種選ぶスタイル。写真は、台湾魯肉キーマとサンバル。「ランチNora Curry」950円、カレーの種類は月替わり

ぜいたくな2種盛りと種類豊富な副菜を楽しんで
東区泉にあるスパイスBar「Trippinʻ Spice」の姉妹店が、5月新栄に登場!カウンターのみの店内は、一人でも入りやすくおしゃれなカフェのよう。優しくマイルドで、辛さが抑えられたカレーは、スパイスがきいた5種類の副菜と混ぜ合わせて食べるのも楽しい。

city.living.jp
ごほうびの一品
シナモンがきいた「ミニアイスチャイ」150円

ナゴヤスパイスカレーNORA
中区東桜2-19-9、1階、地下鉄「新栄町」駅から徒歩約5分
営業時間/ 11:30~14:00、 16:00~22:00、
水曜はランチのみ、日曜、祝日12:00~16:00、不定休

city.living.jp
 

はるかなるカレー


city.living.jp
「はるかなるカレー」1,280円(写真は温泉玉子100円を追加でトッピング)、カレーメニューは1種類のみ

さらさらとしたヘルシーさが魅力
銀座で人気のカレー専門店が6月に名古屋店をオープン。たっぷりの季節野菜とよく煮込まれた手羽元2羽がトッピングされたカレーは、口の中にハーブが広がります。玄米ライスとのバランスはバッチリ。ランチタイムは無料でコーヒーのテークアウトサービスがあるので、オフィスに持ち帰 って。

city.living.jp
刺激をプラス!
味のアクセントに「パクチーのだし醤油づけ」もおすすめ!

はるかなるカレー
中区栄2-4-5、サンケリー広小路ビル1階、
地下鉄「伏見」駅から徒歩約5分、
営業時間/ 11:30~15:00、 17:00~20:00(L.O.19:45)
日曜、祝日定休(日曜営業の場合はSNSで告知)

city.living.jp
 

GUNA GUNA CURRY


city.living.jp
「あいがけカリー2種盛り」1,290円、「スペシャルプレートカリー3種盛り」1,580円、「保美豚ポークキーマカリー」1,080円、カレーの種類は1~2週間で入れ替わり。写真は、「ポークキーマ(保美豚)」と、シジミのだしがきいた夏季限定「シジミとオクラの冷製ラッサム(トマトと豆のカリー)」の「2種盛り」1,290円

体に優しい素材の組み合わせが見事!
扉を開けるとスパイスの香りがふんわり。時季によって水分や肉の引き方などを調整したカレーは、具材のうま味が口の中に広がります。現地調達したスパイスと厳選した体に優しい素材にこだわり、「季節に合わせた栄養をたっぷり入れたカレーで元気になってもらいたい」とオーナー。

city.living.jp

ごほうびの一品
十勝生産者指定のノンホモ牛乳が原料の自家製ヨーグルトで作る「ランチラッシー」 200円(平日限定)は、濃厚!

GUNA GUNA CURRY
西区菊井1-24-15、川井ビル1階、
地下鉄「亀島」駅から徒歩約10分、
営業時間/ 11:30~15:00(土・日曜11:30~16:00)
水・木曜定休

city.living.jp
 

カレー食堂 ホジャ・ナスレッディン


city.living.jp
ランチはワンプレートで提供、季節でカレーの種類が変わります。チキンたっぷりの「ココナッツチキンカレー、サラダとサイドディッシュ付き」980円

季節で変わるカレーをワンプレートで
料理と食べることが好きという女性オーナーが一人で経営。インドカレーをベースに時季に合わせたトルコやアジアの料理も楽しめます。手間をおしまず煮込んだ具材とスパイスがきいたカレーは、夢中に口の中へ!イスラム教の本から日本の漫画まで、さまざまなジャンルの本が並ぶ落ち着ける店内です。

city.living.jp
ごほうびの一品
季節のデザート「ムング豆の冷やしぜんざいバニラアイスのせ」320円

カレー食堂 ホジャ・ナスレッディン
昭和区宮東358-1、地下鉄「名古屋大学」駅から徒歩約8分、
営業時間/ 11:00~14:00、 17:30~21:00、
日・月曜定休、木曜はランチのみ

city.living.jp

city.living.jp
具材や味もいろいろ。シティ読者にカレーを作るときのこだわりを聞いてみました。
(シティリビング7/25号プレゼントアンケートより、有効回答数245)

♥隠し味ベスト5
1位 チョコレート
2位 コーヒー
3位 ガラムマサラ
4位 はちみつ
5位 しょうゆ

♥お気に入り具材
city.living.jp

♥こだわりの調理方法
●スパイスから作るところ
●ルーを入れる前にしっかり時間をかけて煮込みます!
●ルーを溶かして煮込んだ後、鍋を冷やすのがポイント。
野菜の甘みを生かすために無水。トマトの水分で煮込むトマトカレーは絶品です
●肉は両面焼いてから
●タマネギをとろとろになるまで炒めます
●水の分量をきちんと量って作ります
●水ではなくトマトの缶詰と赤ワインを入れます
●箱のレシピ通りに作るのが一番おいしいとテレビで見てから、忠実に作るようにしています

番外編


福神漬けがないときは、イチゴジャムを代用。これが結構合う!
city.living.jp
 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ