「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

噂の小学校受験はいつから?あなたの子供も狙えるかも!費用も紹介!

2019/8/20 21:15 オリーブオイルをひとまわし

噂の小学校受験はいつから?あなたの子供も狙えるかも!費用も紹介! 噂の小学校受験はいつから?あなたの子供も狙えるかも!費用も紹介!

従来の大学入試制度が変わるといった報道を受けて、「小学校受験」を考える家庭が増えているという。小学校受験は筆記試験だけではなく、集団の中での子どもの様子を見たり、面接があったりと、家庭学習のみでは補えない部分が出てくる。今回は、いつから受験勉強を始めるとよいか、大手の有名な塾やその費用を紹介する。

1.小学校受験はいつから準備を始める?

小学校受験はだいたい11月から12月がシーズンだ。小学校によっては9月から始まる場合もあるので、志望校が決まったらまず確認しておこう。高校受験も大学受験も同じであるが、小学校受験も早い時期から勉強を始めるのがよい。

大手の小学校受験塾では年少や年中からのクラスが多く、子どもたちが飽きずに成長できるカリキュラムを組んでいる。近年は子どもたちの個性を押さえつけることなく、子ども自身の興味関心に沿った授業を行う塾も増えてきた。早い時期から取り組むことは大事だが、それよりも大切なことは、子ども自身が興味を持って楽しく小学校受験勉強ができる時期から開始することである。

2.有名な小学校受験塾

小学校受験するかしないかをまだ決めかねていても、まずは受験塾を探し見学してみることがおすすめである。なぜなら、塾にはそれぞれの特色があり、見学することで子どもと合う、合わないを判断しやすいからだ。

たとえば宿題が多い塾や、逆に宿題はそれほど多くない塾、和気あいあいとした雰囲気の塾や、ピリッとした雰囲気の塾など、塾によって様々だ。また、有名私立校が得意な塾や、国立が得意な塾、特定の小学校の入試に強い塾などもある。子どもと一緒に見学をしたり、体験授業を受けてみるのもよいだろう。そこで、小学校受験で有名な塾を3つ紹介する。

桐杏学園

「最年少(2歳児)コース」から「受験絵画コース」や「個別指導コース」などがある。「年長コース」では、知的な面だけではなく、小学校受験に必要な積極性や忍耐力などの精神面もバランス良く育てていく。月に4回の通塾が難しい方には月に2回のコースも用意されていたり、マンツーマンの指導を受けたい方には完全個別コースが用意されていたりと、それぞれの家庭に合わせた小学校受験コースを選択できる。

ジャック幼児教育研究所

「楽しいだけでは身につかない。厳しいだけでは身につかない」をモットーに、小学校受験に必要な力が段階的に身につく指導を行なっている。身体能力をつけるだけではなく、指示をきちんと聞いて理解できているかなどを学べる体操クラスもある。基本的に毎回親に参観してもらい、子どもの進度や指導者と親とで教え方や取り組む姿勢などを統一し、小学校受験に臨めるようにしている。

ぷらいまりー幼児教室

浜学園が運営している「ぷらいまりー幼児教室」。浜学園とは関西最難関中学校の受験塾で、"東大理Ⅲへ子ども4人全員を合格させた"ことで有名な佐藤亮子さんがアドバイザーを務めている。その小学校受験版がぷらいまりー幼児教室だ。子どものやる気を引き出し、右脳左脳のバランスを考えた教育に重点を置いている小学校受験塾だ。

3.お受験塾の費用ってどのくらいかかるの?

小学校受験を考える親にとって心配なことの1つが、塾にかかる費用だろう。選択したコース料金以外にも、追加のテキスト代や模擬テスト、夏期講習や冬季講習などのオプションまで入れると、一体どのくらい費用がかかるのかかるのか?

小学校受験塾ではまず最初に3万〜4万円の入会金が必要で、その後は2万〜7万円程の月謝が最低限必要となる。月謝は塾によって様々で、月の授業回数や、集団授業なのか個別授業なのかでも料金が異なる。

さらに夏季特別講座などのオプションを加えると、年間にかかる費用が高額になる塾もあるので、家庭の予算に合わせた塾選びも大切だ。ホームページに料金が記載されていない塾もあるので、気になる場合は資料請求してみるとよいだろう。

郵送で届けてくれるが、実際に塾を訪ねれば資料をもらえるだけではなく詳細を説明してくれる。直接話しを聞きたいという場合は、まず塾に電話をして相談可能な日程を訪ねてみよう。

結論

小学校受験の準備を始める時期や、大手の有名な小学校受験塾、それにかかる費用を紹介した。小学校受験は子どもの将来のためになるだけではなく、親子のコミュニケーションや"目標に向かって努力すること"を経験することができる。幼い子どもが将来のために努力し、それを親が褒め、子どもはもっと学びたいと考えるようになる。小学校受験を通して、親子の絆を深めよう!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ