「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

女性が会社を辞めようと思った瞬間「育休後に不当な配置転換」「店長が何をしても因縁をつけてくる」

2019/8/19 06:30 キャリコネニュース

女性が会社を辞めようと思った瞬間 女性が会社を辞めようと思った瞬間

ハラスメントの被害者は、男女ともに後を絶たない。キャリコネニュース読者からも多くの嘆きが寄せられるが、今回は女性が会社を辞めようと思った瞬間のエピソードを紹介する。

管理・事務職の30代女性は、上司のせいでストレスがたまり、退職をしようか迷っている応対だ。女性は「私の作った伝票を直属の上司に上に掲げて目を見ながら何度もビリビリに破られた」と綴る。

「その上司は言いにくい御局様にはニコニコ愛想を振りまき、真面目な社員には八つ当たり。離婚した社員の義理親が亡くなった際には『離婚してるから親じゃない』と忌引きを阻もうとしたり……」

会社自体は優良法人で「社員を大切にしているとか色々賞を貰っている」というが、女性は「会社にいると動悸がする様になり、そろそろ限界が近いかも……」と漏らしている。

「配属先の部長は、パワハラや杜撰な勤怠管理をさも正しい事のように行う上司」

管理・事務職の30代女性は、育児休業から復帰後の不当な異動に憤る。事前面談では「育休前の部署で復帰」と言われていたが、直前に出された内示は「全く経験のない職種の部署への異動」だった。

「その部署は壊滅的に人手が足らず、私が休業前の業務でわりと関わりのあった部署の業務なのでいいようにあてがわれたようです。今積んでいるキャリアとは全く関係のない仕事で興味もない職種なので、復職証明が貰えたらすぐに辞めるつもりでいます」

製造部署に勤める30代女性も、不当な配置転換に不満を漏らす。給料には不満があったものの、長らく同じ部署に在籍していた。しかし、自分のスキルの通用しない部署に回されると環境は一変した。

「配属先の部長は、パワハラや杜撰な勤怠管理をさも正しい事のように行う上司。そんな人間を取り立てる会社に強い不信を覚えました」

「訴えて社会的制裁を与えてあげれば良かった」と後悔

百貨店の某アパレルブランドの売り場で働いていた30代女性は、数か月間にわたり店長からハラスメントを受けた。女性と売り場に2人きりの時だけ、嫌味を言われていたという。

「店長に確認してもしなくても、結果として因縁をつけてくるようになったので、完全にやる気がなくなり、指示待ち人間になった」

さらに店長は、「言われた事しかやらないから」と"ガキの使い"をもじり、女性が猫好きなのを皮肉にして「猫の使い」と馬鹿の一つ覚えのように何度も言ってきたという。

何よりも女性が一番許せないのは、わざわざ猫の日(2月22日)に店長から「本当にバカで、どうしようもないクズ」と罵られた一言だ。「訴えて社会的制裁を与えてあげれば良かった」と後悔している。

「会社を辞めようと思った瞬間」や「年収と貯金」に関するアンケートを募集をしています。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント20

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ