「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

巨星墜つ! ディープインパクト年間200頭種付けで“過労死”!?

2019/8/19 21:30 週刊実話

 7月30日、競馬界に大きな衝撃が走った。現役時代に14戦12勝(うちGⅠ7勝)という圧倒的な成績を残し、種牡馬としてもJRA・GⅠ馬38頭(51勝)を輩出したディープインパクトが死んだのだ。

 サラブレッドは、健康なら20歳すぎまで種牡馬を続け、長ければ30歳前後まで生きるというが、ディープは17歳。早世と言わざるを得ない。

 原因は頚椎の不調だった。今年の2月に首の痛みを訴え、種付けを中止。7月28日には首の手術を行い、成功していた。

 ところが、29日になって容体が急変し、起立不能状態に。改めて行った検査で頚椎の骨折が判明し、回復の目処が立たないことから安楽死の処置が取られた。

 全国の競馬関係者やファンから惜しむ声が上がる中、種牡馬が首を故障するのはレアケースであるため、「種付け頭数が多すぎて死期を早めたのではないか」という意見も出始めた。

 「ディープは種牡馬デビューした'07年以降、毎年ほぼ200頭以上、最多で262頭の種付けを行っていた。種付けは、春先の数カ月に集中して行われるため、1日に2頭程度を連日こなすことになる。仕事とはいえ、相当な負担があったはずだ」(専門誌記者)

 同馬を管理していた社台スタリオンステーションの関係者は、スポーツ紙の取材に対し、「種付け頭数に起因しているのでは、と言われれば、そうかもしれない」と、因果関係を示唆した。

 ちなみに、ディープインパクトの種付け料は国内最高額の4000万円。単純計算で、年間100億円近い「稼ぎ」があったことが推測される。

 人間のためにせっせと種付けに励んだ揚げ句、早死にしたとすれば切ない話だが、人気種牡馬ともなれば年間200頭以上の種付けをこなすことは珍しくなく、それが絶対的な要因とは言い切れない部分もある。

 ディープインパクトの父のサンデーサイレンスも歴史的種牡馬だったが、16歳でこの世を去った。“サンデーの最高傑作”と言われたディープだけに、短命も受け継いだのかもしれない。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ