「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

蝶野正洋の黒の履歴書 ★『バラ色ダンディ』での冷や汗体験

2019/8/19 18:00 週刊実話

提供:週刊実話 提供:週刊実話

 先日、『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ系)というバラエティー番組に出演させていただいた。俺の出演回は「プロレスラー大会」で、俺、全日本プロレスの渕正信さん、前田日明さん、船木誠勝選手の4人という組み合わせだった。

 和気あいあいと収録させてもらったけど、昔の関係を思うと不思議な感覚だ。みんなライバルだったし、U系とか全日系の選手とは、業界内で顔を合わせることすらなかった。お互いに誹謗中傷したり、お客さんを取り合ったりで、敵対関係だったからな。

 全日は新日本のストロングスタイルを否定するし、新日本は全日の王道を否定する。UWFは新日本も全日本も否定していた。プロレス界って、お互いに否定する関係しかない。誰かを否定して自分をアピールするっていう世界なんだよ。
 新日本プロレスに所属していた俺としては、一番遠くの存在が全日本プロレスの渕さん。だけど、実は新日本と全日本が交流戦をやっていた2000年頃に、お互いに交渉窓口の立場として、逢ったことがある。

 前田さんは兄弟子になる。だけど、俺はあまり接点がなかった。本来は、三銃士世代にとって直の先輩になるけど、UWFに行ってしまって、新日本に出戻ってきた頃には完全に敵対関係。俺ら世代にとっては、一番憧れていた先輩なだけに複雑な想いだったな。

 船木選手は年下だけどほぼ同期。俺が道場に入った3週間前に入門していた。それから3年ぐらい一緒にやっていたが、船木選手が海外修行に出て、その後にUWFに行ってしまった。

 俺たち世代で、会社側が次期エースとして期待していたのが武藤さんで、その次が船木選手。ヘビー級は武藤、ジュニアは船木という二本柱でいこうとしていたから、船木選手が離れてしまったのは会社的にも痛かったと思う。

 新日本に残った俺たちは、とにかく必死だった。やっぱりプロレス界で上がっていくには、前世代を否定するしかない。俺たちの前に藤波さん、長州さんがスピーディーなレスリングで時代を築いて、それを否定した前田さんたちは受けのないプロレスを始めた。だったら、俺たちは元に戻そうと考えた。俺がやったのは、猪木さん、馬場さん時代の、“間”のあるアメリカンスタイルのレスリング。これが、当時のファンにも新鮮に映ったんじゃないかな。

 今回の収録時に前田さんとも話したんだけど、スタイルはいろいろあったが、結局は育った故郷がすべてなんだということ。前田さんはUWFやリングスのイメージが強いんだけど、根本は、新日本プロレスの野毛道場にあると言っていた。社会人になっても、出身地や卒業した学校が同じで意気投合することがあるけど、それと同じような感覚だな。

 俺も野毛道場にいた頃の気持ちが色濃く残ってるから、いくつになっても前田さんは先輩で、会えば緊張する。

 もちろん今回も緊張したが、『バラ色ダンディ』に前田さんがゲストで来てくれたときは、ものすごく緊張した。当時はほとんど親交がなかったし、しかも、俺が『バラ色ダンディ』のMCに抜擢されて、まだ1カ月ぐらいだったんだよ。MCスキルがないのにガンガン突っ込んでくるから、冷や汗で汗だくになったよ。

********************************************
蝶野正洋
1963年シアトル生まれ。1984年に新日本プロレスに入団。トップレスラーとして活躍し、2010年に退団。現在はリング以外にもテレビ、イベントなど、多方面で活躍。『ガキの使い大晦日スペシャル』では欠かせない存在。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ