「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「オンナって怖い!」と背筋が凍った交際中の彼女の悪事9パターン

2019/8/19 15:00 スゴレン

「オンナって怖い!」と背筋が凍った交際中の彼女の悪事9パターン 「オンナって怖い!」と背筋が凍った交際中の彼女の悪事9パターン

好きな彼女のことは盲目的に信じてしまうのが男の性。ですが、安心しきっているとあとで手痛いしっぺ返しを受けることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性469名に聞いたアンケートを参考に「『オンナって怖い!』と背筋が凍った交際中の彼女の悪事」をご紹介します。

【1】実はずっと二股をかけられていた

「急に『別れて』といわれて呆然」(20代男性)というように、長期間「両天秤」にかけられていて、ある日突然別れを告げられてしまったパターンです。証拠もないのに疑いをかける必要はありませんが、遠距離恋愛などであれば少しは警戒心を持ったほうがいいでしょう。

【2】部屋に盗聴器を仕掛けられていた

「嫉妬深いにもほどがある!」(20代男性)というように、「ヤキモチ焼き」の彼女が思わぬ暴挙に出ることもあるようです。盗聴は犯罪なので、問題が彼女の側にあるのは明白ですが、誠実な行いを続けていれば自分から改心する可能性もあるかもしれません。

【3】5歳以上もサバを読んでいた

「別に気にしてなかったのに…」(20代男性)というように、自分を若く見せたいあまりウソをつく女性もいるようです。特に男性より年上の場合、年齢を気にする女性は多いので、「年上が好き」「大人の女性が好み」などと意識的に発言して、相手がウソをつかずにすむ気配りをしましょう。

【4】こっそり財布からお金を抜かれていた

「泥棒じゃん!気づいてギョッとした」(20代男性)というように、手癖の悪い彼女を持つと、安心して貴重品を置いておくこともできないようです。彼女が悪いのは確実ですが、自分の見る目のなさを認識して、今後の教訓にしてはいかがでしょうか。

【5】交際エピソードをねつ造され、ひどい男だと吹聴されていた

「浮気者扱いされていた。ひどいよ」(20代男性)というように、別れたあとで彼氏の悪い噂を流す女性もいるようです。自分の非を覆い隠すためにデマを流すケースが多そうなので、共通の友人には早めに別れの顛末を報告しておいたほうが安全かもしれません。

【6】恥ずかしい写真を女友達の間で回されていた

「他人に写真見せるなんてナシでしょう(泣)」(10代男性)というように、二人で撮ったラブラブすぎる写真や、カッコ悪い寝顔の写真を、面白がって女友達に見せてしまっていたケースです。悪気がない場合もあるので、日頃から「本当にやめて!」と釘をさしておきましょう。

【7】「妊娠した」とウソをついて結婚しようとした

「ホントにこんなことする女子がいるなんて!」(20代男性)というように、彼氏を失いたくない一心で、「子どもができた」と大騒ぎをする女性もいるようです。ウソはいけないことですが、そこまで女性を追い詰めた自分にも責任があると反省したほうがいいでしょう。

【8】デジカメのデータを消去されていた

「元カノが写ってたのがイヤだったみたい」(20代男性)というように、思い出に嫉妬して、勝手に写真を消す女性もいるようです。喧嘩をしたときなど、衝動的にデータを消される可能性もあるので、大事な写真は普段からハードディスクやクラウドに二重に保存して自衛策をとりましょう。

【9】SNSで「彼氏募集中」とふれ回っていた

「オレじゃ不満なの!?」(20代男性)というように、気の多い彼女は、交際中も他の男性との恋愛を諦めていない可能性があります。ただし、SNSの「交際のステイタス」を変更しない程度のことであれば、目くじらを立てる必要はないでしょう。

油断していると、彼女からウソをつかれたり、浮気をされたりすることもあるようです。あとでダメージを受けたくなければ、彼女を疑うよりも、付き合う前に相手の性格をよく吟味してはいかがでしょうか。(小倉志郎)

【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計469名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント14

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ