「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

あのイケメン俳優から意外な女優も! 夏ドラマで活躍中の2世俳優、「七光り」ではない人気

2019/8/17 12:30 リアルライブ

三浦貴大 三浦貴大

 放送開始から1か月ほどが経過し、盛り上がりを見せてきた夏ドラマ。そんな中、ドラマの中で活躍を見せている2世俳優がいる。その一人が、『偽装不倫』(日本テレビ系)でメインキャストを務めている宮沢氷魚。

 「宮沢は、THE BOOMのボーカル・宮沢和史を父に持ち、タレントの光岡ディオンを母に持つサラブレッド。15年頃からモデルとして活動していましたが、17年放送の『コウノドリ』(TBS系)の第2シリーズで俳優デビューし、本作でメインキャストとなりました。演技力については、まだまだ伸びしろがありますが、女性視聴者からは、確かな支持を得ており、『イケメン過ぎないから見てて落ち着く』『年を重ねてどんどんかっこよくなるタイプだから今後も楽しみ』といった声が聞かれています」(芸能ライター)

 また、三浦貴大も、『TWO WEEKS』(フジテレビ系)で活躍を見せている。

 「三浦は、父が三浦友和、母が山口百恵というビックネームを親に持ち、兄の三浦祐太朗が歌手活動を行っており、俳優の絲木建太は従弟という芸能一家です。数々の演技賞も受賞し、15年にはNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演するなど、いまや2世俳優の枠を離れ、実力派俳優の一人となった三浦ですが、『TWO WEEKS』では、三浦春馬演じる逃亡犯の主人公を追いかける刑事役。演技派ならではの刑事役に、『こういう熱血刑事似合うな〜』『三浦対決どっちが制すのか気になる』などの期待が集まっています」(同)

 さらに、深夜ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京系)で主演を務めている大原櫻子も、2世俳優の一人。

 「映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインオーディションでデビューした大原ですが、実はナレーターの林田尚親を親に持つ2世女優。デビュー後もコンスタントにキャリアを積み、現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演。同じく放送中の『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京系)は、初の主演ドラマで、主題歌も担当しています。現在は歌手活動が中心となっているものの、その演技力には定評があり、『さり気なく上手いからすごいな』『歌も上手いけど、見るたびに演技も上手くなっててすごい』などの声が集まっています」(同)

 著名な芸能人を親に持つ彼らだが、2世だからとはいえ、「七光り」という発想はもはや古いのかもしれないーー。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ