「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

婚活お悩み相談室|出会いはあるけれど、いい人がいない……と嘆く婚活女子の問題点は「闇雲に好きなタイプを探しているから」

2019/8/17 18:00 Suits-woman.jp

婚活がうまくいかない……。そんな人のお悩みに答えるべく、成婚率80%を誇る結婚相談所マリーミー代表であり、カリスマ婚活アドバイザーの植草美幸さんが登場!婚活中の女性に起きる“あるある問題”をズバッと解決してくれます。

植草美幸さん……年間2000組を超えるカップルを見てきた現役婚活アドバイザー。東京・青山の結婚相談所マリーミー代表、東京恋婚アカデミー校長、兼アパレル人材会社 株式会社エムエスピー代表取締役。最新著書は『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』。

 

 

婚活女子のお悩み

「積極的に婚活しているので出会いはあるし、男性からまったく興味を示されないわけでもなく、何人かデートしている人もいます。でも自分からイヤになっちゃったり、思うように進展しなかったりで、それをずっと繰り返しています……。とにかく、いい人がいないんですよね……どうしたらいいのでしょうか?」(ほのか・31歳)

いい人がいない、進展しない……婚活女子の悩みのトップ3に必ず入ってくるものです。一体どうしたらいいのか、植草美幸さんにお伺いしてみました。

■いい人がいない。その最大の原因は“結婚相手”ではなく、闇雲に“好きなタイプ”を探しているだけだから

いい人がいない。

婚活中の女性から、本当によく聞く言葉です。

そんな人たちに、まず言いたいのが「結婚相手探しと恋人探しは違う」ということ。婚活の先にある結婚とは、まず自分が生きていきたい道があり、その途中に結婚というライフイベントがあるという考え方です。何歳のときに子どもが欲しいとか、仕事では何歳でこうなっていてほしいとか。そういう自分のライフプランや人生観が前提にあり、そこから「じゃあ、それを叶えてくれる人はどんな人なのか?」と逆算して相手を探していきます。

「いい人がいない」「いい人に出会えない」と口グセのように言っている人は、この前提がまったくわかっていない可能性大!ただ闇雲に“自分の好きなタイプ”を探しているだけという人が本当に多いんです!

好きなタイプというのは、サッカーが上手だったとか、勉強がクラスでトップだとか、小学生のときのそれと同じ。大人になったら、どこの大学だとか、どこの会社に勤めているとか、お金をたくさん稼いでいるとか、そういうことになってくるのかもしれませんが、これも“結婚相手の条件”というよりは“好きなタイプ”に近い理想像です。

結婚はしたい。でも相手のどこを見ればいいのかわからないまま、なんとなく若い頃の延長線上で“好きなタイプ”を探している。そんな状態であれば、「これも違う」「あれも違う」と、道に迷うのは当然のことです。

■相手探しはなく、まずは自分を探すことからやり直していく!

じゃあどうしたらいいのか?といったら、まず相手探しはなく、自分探しをすること。問いかけたいのは、

「どういう結婚生活が幸せなのか?」

たとえば、仕事で夢があるような人だったら、家庭に入って家事をしてほしいと思っている男性と結婚しても幸せにはなれません。自分はどういう方向に進みたいのか?を一度じっくり考えてみましょう。

仕事はしたいのか? 何歳で子どもを産んでいたのか? どういう家に住みたいのか?どこに住みたいのか?子育てはどういう環境で行いたいのか?などなど。ライフプランや人生観について考えて、どういう結婚のスタイルが望ましいのかを明確にしていくことが大切です。

ここでよく起こることが、今までなんとなく希望していた条件が「違った……」ということです。これまでは「出身大学」とか「東京在住」とか「年収」にこだわっていたけれど、実は仕事で叶えたい夢がある……それが自分の人生で超大事!となれば、最優先事項は「住んでいるところ」や「出身大学」などではなく「仕事を応援してくれる人」。

自分のライフプランを軸に結婚相手を考えていくと、それまで“結婚相手探し”に求めていたものが、実は違ったと気づくことは、よくあるケース。条件面だけでなく、価値観が非常に重要になってくることも、とても多いです。

つまり自分の人生に同調して、一緒に手をつないで歩いてくれる人を探すのが、婚活です。若い頃にしていた恋愛とは全く別物だと考えたほうが賢明なのです。結婚がゴールなのに、結婚というカテゴリーで寄り添わない人と恋愛しても、それはどこまでいっても一時的な愛。将来につながるものではありません……よね?

■周囲にいる男性を、一回整理し直してみてはいかが?

何人かデートしている相手がいるけど、いい人がいない!という婚活女子のみなさん。自分が求める結婚スタイルを明確にしたら、今度は周囲にいる男性をひとりひとり整理してみるのもいいかもしれません。

自分が求める結婚と方向が違う人を、ここで容赦なくふり落としていくのが先決! それとなく相手が結婚にどんなことを求めているのか?そもそも結婚したいと思っているのか?をリサーチしつつ精査していきましょう。

そのときに、周囲の男友達の意見を取り入れてみるのおすすめです。女性は女性同士で、あれこれ意見交換しがちですが、結婚する相手は男性。男性の口から出てくる言葉を参考にしてみるということも大切です。ふり落とさないといけない人もいれば、自分の真意と異なるところで「いやいや、この人、結婚相手としてパーフェクトでしょ?」なんて人も出てくるかもしれませんよ!

『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』(著・植草美幸/刊・青春出版社)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント18

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ