「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

働くなら週8時間くらいが、いちばんハッピー!?

2019/8/16 10:26 FYTTE

働くなら週8時間くらいが、いちばんハッピー!? 働くなら週8時間くらいが、いちばんハッピー!?

仕事がなくなっても困る

就職の面接の申請者と並んで座っている漫画のロボット

AI(人工知能)などが話題ですが、テクノロジーの急速な発達で人間が行う仕事が減るなどといわれます。働き過ぎは避けたいですが、仕事がなくなっていくのも不安をかき立てられるもの。過去の研究から、職がないとさまざまな面で悪影響があって、精神的な健康にもよくないということがわかっています。

最近は、ワークシェアを行って、みんなが少しずつ働く道を模索する動きも出てきています。なお、世界中の多くの国では、フルタイムの労働時間はふつう、週に40時間(月~金の勤務であれば1日8時間)です。なお、ベルギーの38時間、ノルウェーの37.5時間など、もっと短い国もあります。
では、毎週の労働時間を短くしていったとき、どれくらいの時間まで減らすと、いちばんハッピーなのでしょう。
ニュージーランドのある会社は、2018年に週4日32時間を試して、結果がよかったため、ずっとこの体制にしようかと検討中といいます。
ただ、一方で、健康と幸福のためにはそもそもどれくらいの仕事が必要なのかはよくわかっていません。

この問題を解いていくため、英国ケンブリッジ大学が立ち上げた大規模な研究プロジェクトの一貫として今回、同大学などの研究グループは、毎週の労働時間が何時間であれば、従業員の精神的な健康にとっていちばんよいのか、また仕事で得られる幸福感や精神的な健康を確保するには、週に最低何時間働けばよいのかについて調べました。
分析したのは、4万世帯を対象にしている世界最大規模の追跡調査。2009〜2018年の7万1000人以上のデータを分析しました。

労働時間の短縮にメリット

カフェで仕事をする女性

わかったのは、まず働いたほうが、精神的に健康になることと、幸福感を得られるということです。週に1〜8時間というわずかな労働時間でもよいのです。
ただ、8時間を超えてくると、状態がさらによくなることはありませんでした。

こうした結果から研究グループは、週に1日だけ働けるようにすることで、みんなが精神的に健康を保てて、幸福感も持つことができると指摘。仕事があるかないかが大きいと説明しています。
研究グループは、「今回の発見は、将来仕事が減ったときに、人々が必要とする最小限の仕事量について考えるための重要な一歩」と解説。ちょっとだけ働ければよいという人は、週1くらい働くのがちょうどいいのかもしれません。もっとも働く環境が悪かったりすると、こうした結果とは違ってくる可能性もあるようで、そのあたりは気をつけるとよさそうです。

<参考文献>

Soc Sci Med. 2019 Jun 10:112353. doi: 10.1016/j.socscimed.2019.06.006. [Epub ahead of print]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31227212

文/星良孝

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ